嵐・松本潤の“偏愛ぶり”明らかに<松本潤の回想録>

嵐・松本潤の“偏愛ぶり”明らかに<松本潤の回想録>

有村架純(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

【松本潤/モデルプレス=9月28日】嵐の松本潤が、10月6、13、20日に放送される特別番組「映画『ナラタージュ』公開記念『松本潤の回想録』」(各23:30〜/TOKYOFM)でメインパーソナリティーを務める。

主演に松本、 ヒロインに有村架純を迎え、島本理生原作の同名小説を行定勲が映画化した「ナラタージュ」(10月7日公開)の公開を記念して放送される同番組。

6日は「松本潤×行定勲 『監督・行定勲のナラタージュ』」、13日は「松本潤のナラタージュ」、20日は「松本潤×有村架純『有村架純のナラタージュ』」と題し、3人が壊れるほど愛してやまない「音楽」「映画」「カルチャー」を掘り下げ、 その偏愛ぶりを回想とともに紹介していく。

◆映画「ナラタージュ」とは

2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本氏原作の恋愛小説を映画化した同作は、高校教師と生徒として出会った2人が、時が経ち再会した後、決して許されはしないが、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる物語。

主演を務める松本は許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山貴司役、有村はその葉山を全身全霊で愛する20歳の女子大生・工藤泉役、坂口健太郎は泉に想いを寄せる大学生・小野怜二役を演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)