“窪田正孝史上、最も愛された役”ランキングを発表<1位〜10位>

“窪田正孝史上、最も愛された役”ランキングを発表<1位〜10位>

窪田正孝(C)モデルプレス

【窪田正孝/モデルプレス=9月29日】「彼が出演するなら見たい」と思わせる高い演技力とどんなアクションも難なくこなす身体能力を武器に、幅広い層から絶対の信頼感を得る俳優・窪田正孝(29)。モデルプレスは「窪田正孝が演じた中で一番好きな役は?」をテーマにウェブアンケートを実施。“窪田正孝史上、最も愛された役”トップ10を発表する。

◆1位:ドラマ『Nのために』成瀬慎司 役(1048票)

2位に2倍以上の差をつけ、1位に輝いたのはドラマ『Nのために』(2014年10月〜12月)の成瀬慎司役。

湊かなえ氏原作の純愛ミステリーをドラマ化した同作は、2つの事件に関わった人物たちの15年にわたる人間模様を切なくも美しく描いた作品。トラウマを抱えて生きる主人公・杉下希美(榮倉奈々)を想いながらも、自らある罪を共有するという繊細な役どころは、窪田の儚げな雰囲気にマッチし、多くの人の心を掴む結果に。ブレイクのきっかけとも言える作品の1つになった。

<読者コメント>
・「成瀬くんはまさにハマり役。ヒロインを一途に健気に支える姿が切なくて愛しくて、セリフのないシーンでの繊細な感情表現と目で語る演技にグッときます」
・「役柄が難しかったと思う。セリフ量よりも『想い』で演じた作品じゃないかと」
・「静かな優しい青年を見事に自然に演じていて、その演技力にとても驚いたから」
・「全部好きだけど、成瀬くんは特別なのかもしれない」

◆2位:ドラマ&映画『HiGH&LOW』シリーズ スモーキー 役(480票)

2位は、ドラマ&映画『HiGH&LOW』シリーズ(2015年〜)で演じるスモーキー役。

“SWORD地区”に存在するチームのプライドをかけた闘いと、その裏のリアリティのある大人の世界・生き様を描く同シリーズ。スモーキーは、天涯孤独の者たちが集まる無名街「RUDE BOYS」のリーダー。一見クールに見えるが、誰よりも“家族”思いで、仲間を守るために戦う姿に胸キュンする女子が続出。11月11日公開のシリーズ最新作『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』では、『HiGH&LOW THE MOVIE』(2016年公開)で病に倒れた彼の行方が描かれるとあって、注目を集めている。

<読者コメント>
・「今にも消えそうな儚い美しさがありながら、戦闘シーンではバッキバキのアクションを展開しているのが凄い。窪田正孝の魅力はこの役一つで伝わる」
・「新しい今までとは違う窪田くんが見れた気がしたから」
・「漫画のような非現実感がぴったりハマっていて最高です!」
・「クールに決めるアクションが抜群にカッコいいから。家族思いなところにも萌えます」

◆3位:ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』有栖川有栖 役(362票)

3位は、ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(2016年1月〜3月)の有栖川有栖役。

同作は、犯罪学者・火村英生(斎藤工)とその相棒で推理小説家・有栖川有栖(窪田)のちょい“ワケあり”な名探偵が難事件に挑む本格推理エンターテインメント。斎藤との名コンビぶりが人気で、“新婚ごっこ”と呼ばれる夫婦のようなやりとりも話題に。今なお“萌えコンビ”として推すファンが耐えない。

<読者コメント>
・「髪型と仕草と子犬みたいで可愛さの塊だった!斎藤工さんとの仲良しコンビもよかった!」
・「一生懸命な関西弁がたまりませんでした。そして、未だに続きを観たいドラマだから!です」
・「可愛さが炸裂していて、クールな役からこんな可愛い役まで?!と沼に落とされました!!!」
・「“窪田アリス”というワードが生まれるほどに彼の存在は可愛いオブ可愛い」

◆モデルプレス読者が選ぶ「窪田正孝が演じた中で一番好きな役」トップ10

1位:ドラマ『Nのために』成瀬慎司 役(1048票)
2位:ドラマ&映画『HiGH&LOW』シリーズ スモーキー 役(480票)
3位:ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』有栖川有栖 役(362票)
4位:ドラマ&映画『THE LAST COP/ラストコップ』望月亮太 役(142票)
5位:ドラマ『デスノート』夜神月 役(126票)
6位:映画『東京喰種トーキョーグール』金木研 役(122票)
7位:ドラマ&映画『ST』シリーズ 黒崎勇治 役(117票)
8位:ドラマ『SUMMER NUDE』桐畑光 役(85票)
9位:ドラマ『アルジャーノンに花束を』柳川隆一 役(84票)
10位:ドラマ『僕たちがやりました』増渕トビオ 役(77票)

回答数:3106件
調査期間:2017年9月21日〜9月28日

◆ほかにもこんな意見が…

このほか、その名を広く知られるきっかけとなったNHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年4月〜9月)木場朝市役、窪田以外にも窪塚俊介、佐野和真ら若手俳優が主演をつとめてきたシリーズ作・映画『ガチバン』(2010年〜2014年)黒永勇人役、初期の人気作でファンの思い入れも強い『ケータイ捜査官7』(2008年4月〜2009年3月)網島ケイタ役などに票が集まっていた。

なお、今後は映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』(11月11日公開)、映画『犬猿』(2018年2月公開予定)、ドラマ『アンナチュラル』(2018年1月スタート、TBS系)などが控えている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)