「コウノドリ」最終話 サクラ(綾野剛)、四宮(星野源)らに最後の奇跡<あらすじ>

「コウノドリ」最終話 サクラ(綾野剛)、四宮(星野源)らに最後の奇跡<あらすじ>

星野源、綾野剛/「コウノドリ」最終話より(画像提供:TBS)

【コウノドリ/モデルプレス=12月22日】俳優の綾野剛主演ドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜よる10時〜※15分拡大SP)の最終話が22日、放送される。

◆産科医療の現場を描く「コウノドリ」

今作は、講談社「モーニング」で現在も人気連載中の鈴ノ木ユウ氏が描く同名のヒューマン医療漫画が原作。2015年10月期に同局でドラマ化され、産科医療の現場をリアルに描いて好評を博し、続編の放送が決定。多くの感動と共感を生んだ作品の新シリーズとして、「生まれること、そして生きること」をテーマに描かれる。

前作に引き続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じる。ほかにも、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といったキャストが続投。

◆最終話あらすじ

サクラ(綾野剛)は、出生前診断でお腹の赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも、産むことを決意した透子(初音映莉子)と向き合っていた。まだ不安が拭えない透子に今橋(大森南朋)はある“詩”を教える。

一方、父・晃志郎(塩見三省)が亡くなり、「ペルソナを頼む」と告げて、地元に帰った四宮(星野源)は、自らの今後について悩んでいた。そんな四宮の様子に気付いたサクラはとある人物と会わせることに。

そして、学生時代からずっと共に過ごしてきた下屋(松岡茉優)と白川(坂口健太郎)に別れは訪れた。新たな研修先を見つけた白川がついにペルソナを離れることに。「寂しくない」と強がる下屋に白川がかけた思いがけない言葉とは─。

そんな中、小松(吉田羊)の同期である武田(須藤理彩)が出産の日を迎える。順調に思えた出産にまさかの出来事が…!?

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)