乃木坂46、E-girlsらがドレスアップで華やか集結

乃木坂46、E-girlsらがドレスアップで華やか集結

(左から)楓、YURINO、桜井玲香、松村沙友理、富田望生、生田絵梨花(C)モデルプレス

【乃木坂46・E-girls/モデルプレス=12月21日】2017年にLINE LIVEで活躍したライブ配信者を発表する「LINE LIVE OF THE YEAR 2017」表彰式が21日、都内で開催され、乃木坂46の桜井玲香、松村沙友理、生田絵梨花、女優の富田望生や、E-girlsの楓、YURINOらが登壇した。

「プロモーション部門」で受賞した乃木坂46と富田は、映画『あさひなぐ』のプロモーションによる連載が好評を博した。黒のワンピースドレスで登場し、代表してトロフィーを受け取った桜井は「初めてのLINE LIVEだったので、毎回だいぶ変わった内容の配信を自由にやらせていただきました。あまりにも楽しみすぎていたから、まさか賞をもらえると思っていなくてめちゃくちゃ嬉しいです!」と喜びをあらわにし、「よかったのかな!?もらっちゃって」と本音も。

また、6日にリリースされた新曲「北風と太陽」のミュージックビデオを配信で初解禁し、視聴者を楽しませたE-girlsは「アーティスト部門」で受賞。楓は「たくさんのアーティストの皆さんがLINE LIVEをやられている中で、E-girlsが受賞できて嬉しいです。楽屋の雰囲気のような感覚で、メンバーは素を出しながら配信していたので、ファンの皆さんに新しい姿を見ていただけたんじゃないかなと思います」とコメント。YURINOも「緊張せず、楽屋のテンションのままできる」とLINE LIVEの良さを明かし、「ロケとか行ってみたい!みんなでご飯を食べたり、キャンプとか」と、今後挑戦してみたい配信内容について語った。

「タレント部門」では、俳優の志尊淳が受賞。別仕事のため表彰式は欠席となったが、ビデオレターでコメントを寄せ「舞台の合間などに配信させていただき、普段の自分らしさを出すことを意識しました。大変光栄に思っております」と喜び。このほか「LINE LIVER」部門で、男性LIVERの双子のだいきん&ゆうたん、女性LIVERのねおがそれぞれ受賞した。

◆「LINE LIVE OF THE YEAR 2017」とは

「LINE LIVE OF THE YEAR 2017」は、2017年に配信された全ライブ配信を対象に、視聴者数やハート(いいね)数、コメント数、シェア数、そして配信内容などを総合的に判断し、「プロモーション部門」「アーティスト部門」「タレント部門」「LINE LIVER部門」の4部門で活躍した配信者を選出し、表彰をするもの。

なお、ゲストMCとしてお笑いタレントのなだぎ武も出席した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)