STU48、撮影&会話OKの“街頭ティッシュ活動”が話題 コンプリート目指すファン続出中<なぜティッシュ?担当者に聞いてみた>

STU48、撮影&会話OKの“街頭ティッシュ活動”が話題 コンプリート目指すファン続出中<なぜティッシュ?担当者に聞いてみた>

ティッシュ配りの様子(C)STU48

【STU48/モデルプレス=12月26日】国内6番目のAKB48グループとして誕生し、瀬戸内7県を拠点とするSTU48のメンバーが、現在街頭でティッシュ配りを行う活動を行っており、話題をよんでいる。

◆STU48の街頭活動が神対応と話題に

来年1月にいよいよメジャーデビューを控えており、このほどデビュー曲がデビューにもかかわらず「暗闇」というタイトルとなったことが発表され、ファンらをざわつかせた同グループ。

現在31人のメンバーは、瀬戸内エリアの街頭などを中心に、自身の名前が書かれたティッシュを配布中。

また単にティッシュ配りを行っているのではなく、メンバーとは原則として写真撮影も可能となっており、少しであれば話すこともできるという(※混乱を避けるため握手などは規制)。

配布時には公式サイトで事前告知をしているというが、ティッシュはすでにプレミアもついており、ファンの間ではコンプリートを目指して集められ、ネット上を中心にトレーディングなども行われている。

◆なぜティッシュ?担当者に聞いた

モデルプレスの担当者に対する取材によると、ティッシュ配りは、デビュー曲の発売に伴って瀬戸内エリアを中心に今以上にSTU48やメンバーを知ってもらいたいという目的からスタート。

通常握手会を実施している48グループだが、気軽にメンバーと交流可能となっている“神対応”な企画ということもあり「予定より早い時間で切り上げたり、場所を変更したりしたケースはあります」という盛況ぶり。

ティッシュ配りを開始してからは「STU48の自体の認知が高まったと思います」としている。

なお、テッシュ配布はデビューシングル発売の1月31日まで行う予定で、24日からは、これまで名前のみだったティッシュにメンバーの肖像が入ったティッシュを配布しているといい、ファンのコンプリート魂に一層火がつきそうな取り組みとなっている。

◆直近のティッシュ配布の実績

(※実施日、場所、参加メンバー)

12月15日
愛媛県
門田桃奈・田中皓子・森香穂

12月16日
山口県
市岡愛弓・大谷満理奈・門脇実優菜

12月17日
岡山県
石田千穂・磯貝花音・張織慧

12月18日
広島県
佐野遥・瀧野由美子・矢野帆夏

12月19日
徳島県
谷口茉妃菜・三島遥香・矢野帆夏

12月24日
兵庫県三ノ宮駅周辺
石田みなみ・今村美月・土路生優里・福田朱里・藤原あずさ

12月25日
香川県
森下舞羽・塩井日奈子・榊美優

◆船上劇場を拠点に活動予定

STU48は国内6番目のAKB48姉妹グループとして2017年3月に誕生。「瀬戸内」エリアを本拠地とし、「1つの海、7つの県」に渡って活動する48グループ初の広域アイドルグループ。 瀬戸内 (SeToUchi) の頭文字から STU48(エスティーユーフォーティエイト ) と命名される。

キャプテンは岡田奈々が務め、今後は瀬戸内海を主とした船上劇場というスタイルで、歌とダンス・トークから構成される公演を開催していく予定。

発売が延期されたメジャーデビュー曲は、すでに選抜メンバー16人とセンターも発表されている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)