「ヒルナンデス!」生中継ハプニング サバンナ高橋が説明

「ヒルナンデス!」生中継ハプニング サバンナ高橋が説明

「ヒルナンデス!」生中継ハプニング について語った高橋茂雄 (C)モデルプレス

【高橋茂雄/モデルプレス=12月22日】お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄が、21日放送のAbemaTVのトーク番組『橋下徹の即リプ!』(AbemaSPECIALチャンネル/毎週木曜22時00分〜)に出演。同日放送の日本テレビ系情報番組『ヒルナンデス!』(毎週月〜金曜11時55分〜)での生放送中のハプニングについて説明した。

◆生中継中のハプニング話題に

この日『ヒルナンデス!』では高橋とタレントの小島瑠璃子が千葉県・市川市の行徳駅前のコッペパン専門店をリポートする生中継を行ったが、一般男性が話しかけてきて高橋に抱きつこうとするハプニングがあった。

◆改めて状況を説明

高橋はこのハプニングについて質問されると、「ロケしてたら、酔っ払った方がわーと入ってきて、抱きつかれたんですよ。そんで、カメラとこじるりが、ロケの段取りっていうか中継があるんで、先行ったときに『こじるり助けてー!』って言うたんですよ」と改めて説明。

高橋は「僕の耳には『あ、スタジオウケた』と思って『良かった良かったー!』と思って普通にやったんです」と明かし、「襲われているところだけバーンと出たから、ネットニュースになってた」と語った。

ゲストの西村博之氏に「困ってた画にしかなってない?」と聞かれると、「一応じゃあ、僕の柔道の技で倒したことにしておきます」と笑わせた。(modelpress編集部)

情報:AbemaTV・日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)