広瀬すず、ベリーショート姿で鋭い眼差し 4種類の感情溢れる<anone>

広瀬すず、ベリーショート姿で鋭い眼差し 4種類の感情溢れる<anone>

広瀬すず主演ドラマ「anone」ポスタービジュアル(写真提供:日本テレビ)

【広瀬すず/モデルプレス=12月25日】女優の広瀬すずが、主演を務める2018年1月10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「anone(読み:あのね)」(毎週水曜よる10時〜)のポスタービジュアル4種類が公開された。

◆異例の4種類公開

25日より「番組PRポスタービジュアル」として公式ホームページなどで順次公開されるビジュアルは異例の4種類展開。

初回放送2日前の1月8日の朝より新宿・渋谷など首都圏の主な駅や、電車内にて、ポスター4種類がそれぞれ大々的に掲出・公開される予定だ。

◆ベリーショートの広瀬すずが訴える眼差し

撮影は、11月下旬に都内スタジオの屋外駐車場で実施。髪を人生で一番短いというベリーショートにした広瀬が役衣装のボーイッシュな姿でスケートボードを片手に遠くを見つめたり、鋭い眼差しを向けていたり…とそれぞれ印象的な仕上がりになっている。

制作を担当したデザイナーの日本テレビ宣伝部・長瀬一義氏は、「このドラマのために、髪をバッサリ切って挑む広瀬すずさんの魅力を存分に知って頂ける様、今回は4種類のポスターを制作しました」「ドキュメンタリータッチで撮影した写真は、主人公・辻沢ハリカの印象的で、素敵な表情を切り取ることができました」とコメント。

広瀬は「今まで自分がやらせてもらった作品では、あまり無かった雰囲気で、主人公・ハリカの色々な感情を受け取ってもらえるポスターだなと感じました」と語り、「キャッチコピー(私を守ってくれたのは、ニセモノだけだった。)は、4種類同じですが、ポスターの種類によって、その言葉の意味の受け取り方が違うと思うので、楽しみです!」とアピールしている。

◆広瀬すず主演ドラマ「anone」

「Mother」、「Woman」に続く日本テレビ、坂元裕二氏オリジナル脚本の第三弾となる同作は、家族を失い社会からもはぐれてしまい、生きる方法さえ見失ってしまった少女が、一人の老齢の女と出会うところから始まる。欺かれ、裏切られ、人を信じる心さえなくしてしまっていた二人だったが、やがて何かを感じあい、女は少女をかくまう。

ニセモノの家族、ニセモノの人生、ニセモノの記憶、そして、ある事件が発生。同作は、生きることの意味とは?人が生きる上でほんとうに大切なものは何か?を問いかけ、人々の心を揺さぶる。ニセモノから始まり、真実の人間愛を見つける人生という冒険を描き出す。

広瀬がネットカフェに住む少女・辻沢ハリカが演じ、田中裕子、瑛太、小林聡美、阿部サダヲ、火野正平といった豪華キャストが脇を固める。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)