滝沢カレン、桐谷美玲にも“四字熟語あだ名”命名 明石家さんまは四字で収まらず

滝沢カレン、桐谷美玲にも“四字熟語あだ名”命名 明石家さんまは四字で収まらず

滝沢カレン(C)モデルプレス

【滝沢カレン/モデルプレス=12月25日】モデルでタレントの滝沢カレンが、24日放送の日本テレビ系バラエティ番組「行列のできる法律相談所」の「行列2時間生放送!クリスマスザンゲSP」(日曜よる9時〜)に出演。MCの明石家さんまや女優の桐谷美玲を四字熟語で表現した。

◆“四字熟語のあだ名”が話題に

“人に四字熟語でピッタリなあだ名をつける”という特技が反響を呼んでいる滝沢。久本雅美に「無駄美人」、サンシャイン池崎に「小声希望」、チュートリアルの福田充徳に「全部普通」などとこれまでにも様々な芸能人にあだ名をつけ、最近では、同番組内で高畑充希に「目鼻口近」と名付けたことが話題となった。

この日の放送では、まだ滝沢にあだ名をつけてもらったことがないという共演者たちに滝沢が四字熟語のあだ名を考えることに。滝沢は、梅沢富美男には「本業不明」と名付け、同じ雑誌で「猫目三姉妹」という企画を一緒にやっていた桐谷には「猫目先輩」と名付けた。そして、「行先何処」と名付けられたりゅうちぇるは、「怖い…怖い…」と辛口のあだ名に怯えた。

◆さんまのあだ名は四字で収まらず…スタジオ爆笑

スタジオからは、MCのさんまにもあだ名をつけて欲しいと催促する声が上がり、「ちょっと考えていいですか?」と指を折り文字数を数えながらしばし考えた滝沢がつけたのは「圧倒的口数」。五文字の言葉を四字熟語にするために、“口数”の部分を早口で発表した滝沢に、スタジオは爆笑していた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)