滝沢カレン、ブレイクの悩みを告白

滝沢カレン、ブレイクの悩みを告白

滝沢カレン (C)モデルプレス

【滝沢カレン/モデルプレス=12月27日】26日放送の日本テレビ系バラエティ番組「超踊る!さんま御殿!!最強夫婦&コスプレ女豪華芸能人の大忘年会」(よる9時〜)に、モデルの滝沢カレンが出演。「踊るヒット賞」となった名言で今年最後の同番組をしめくくった。

◆滝沢カレン、「さんま御殿」が「いい意味で嫌だ」!?

“おバカクイーン”として数々の迷言をVTRにまとめられてしまった滝沢。「いや、もうやめて欲しい、あんなまとめ方…」と笑いながらも困り顔で「ホントに嫌なんです」と繰り返したが、その真意は「もう恐れ多いというか、やっぱりさんまさんの『(踊る!さんま)御殿!!』で(自分のことを)扱って欲しくない」とMCの明石家さんまの冠番組で注目されるのが申し訳ないという意味だと明かし、「いい意味で嫌だ」と照れくさそうに口にした。

◆滝沢カレン、バラエティは「副業中の副業」

今年25歳の滝沢は、独特の言い回しの不思議な日本語をきっかけに大ブレイク。「芸人さんではないので、ホントに!」と自身の本業は「モデル」だと主張し、「副業中の副業がこの(バラエティ番組出演)…」と思わず本音をぽろり。さんまら芸人一同に大爆笑される場面も。

◆滝沢カレン、勉強すると怒られる?ブレイクの悩みを吐露

また、ナレーションなどを担当したりするたびに「ずっと読めなかった漢字をオンエアで見て」少しずつ漢字や言葉を覚えていっているという滝沢。「わかんないままで帰ってぐずぐず寝てたくないから」と自分なりに勉強もし、ファンからそれを褒められるのも「嬉しい」と知識欲旺盛な一面も。

一方で番組スタッフなどに「何で覚えてきちゃったの?」「(オンエアを)見なくていい」と言葉を覚えないように言われてしまうとも告白。「でも私は覚えたいんですよ!」と不満そうに口にした滝沢が「ちょっとどうしたらいいんだろうって」と自身の成長を一概に喜べる状況ではないことも明かした。

◆滝沢カレン、さんまは「王様」

この日の感想を求められた滝沢は、さんまを「王様なんだな」ときっぱり。「結局いろんな人のVTRをまとめてるけど、なんだかんださんまさんじゃん」と、いつものユニークな表現でさんまへの尊敬の念を言葉にし、今年最後の同番組で見事『踊るヒット賞』を受賞した。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)