深田恭子、白衣姿で米村でんじろうのアシスタントに

深田恭子、白衣姿で米村でんじろうのアシスタントに

米村でんじろう、深田恭子(C)フジテレビ

【深田恭子/モデルプレス=12月27日】フジテレビでは、1月1日午後6時から、4時間特番『ニッポンよ!セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1 VS 世界のNo.1』を放送。女優の深田恭子らが出演する。

同番組は、まだ日本では、あまり知られていなくても、世界では非常に白熱している面白い競技で、日本のNo.1が世界のNo.1に真剣勝負を挑む。番組で取り上げる対決は「レスキュー対決」、「インドアスカイダイビング」、「チェイスタグ(新感覚の鬼ごっこ)」、「映像マジックショー」、「ピタゴラ」、「サイエンスショー」、「ドローンレース」、「フォーメーションダンス」、「世紀の大食い対決」の9種目。

◆それぞれの対決は?

「映像マジックショー」対決では、日本No.1の原大樹と、その原が幼いころから憧れていた世界No.1のレジェンド・トニー・チャペック(アメリカ)が最新の映像マジックで真剣勝負。MCの坂上忍をはじめ、見る者の度肝を抜く、奇跡とも呼べるマジックが展開される。

「ピタゴラ」対決では、『TVチャンピオン』(テレビ東京系)で初代王者となった日本No.1の野出正和と、「ピタゴラ界のガリレオ」と称される世界No.1のジェイソン・エングブレヒト(アメリカ)が、それぞれの知性と経験をいかし競い合う。

「サイエンスショー」対決では、日本のNo.1にしてサイエンスショーの第一人者・米村でんじろうと、全米で多数の人気番組に出演している世界No.1のドクター・ジェフリー(アメリカ)が対決。スタジオで次々と繰り出される過去最大規模の科学実験に、坂上をはじめ、マジックのアシスタントを務めた深田、剛力彩芽も大興奮だった。

「フォーメーションダンス」対決(社交ダンス団体戦)では、1946年創立の伝統を誇る、日本のNo.1の東京大学・競技ダンス部と、世界大会5連覇中のグリーン・ゴールド・クラブ ブレーメン(ドイツ)が激突。まさかの結末に、坂上をはじめとした出演者一同が騒然となる。

超危険でアクロバティックな鬼ごっこ「チェイスタグ」対決では、日本No.1のmonsterpkが、チェイスタグ発祥の地・イギリス代表にして世界No.1のマレーロ・ギャングに立ち向かう。そしてこの「チェイスタグ」対決には、芸能界肉体派最強軍団として春日俊彰(オードリー)、聖也、永井大、ワッキー(ペナルティ)の4人も参戦した。

「レスキュー対決」では救助競技の世界王者・チェコ消防団が来日。対する日本は、全国の精鋭消防士から選抜された「消防士ドリームチーム」を結成。スピードとパワーの両方が求められる、3ステージの救助競技で、両チームが白熱の対決を行う。

さらに、「世紀の大食い対決」では、「人類最強の胃袋」を持つ男・小林尊が、なんと人間ではなく百獣の王・ライオンとのステーキ大食い対決に挑む。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)