川崎希が「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」と診断された事を告白 症状が悪化し痛みも

記事まとめ

  • 元AKB48メンバーの川崎希が症状が悪化し箸を持つことも難しいほどの痛みがあると訴え
  • 川崎は夫でモデルの“アレク”とともに病院に行き、「ドケルバン病」と診断されていた
  • ドケルバン病とは、腱鞘炎の一種で、手首の親指側にある腱鞘とそこを通る腱に炎症も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております