真野(錦戸亮)、早川(萩原聖人)に実姉の情報求める「トレース〜科捜研の男〜」<第7話あらすじ>

関ジャニ∞錦戸亮主演ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」第7話のあらすじ公開

記事まとめ

  • 関ジャニ∞錦戸亮の主演ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」第7話のあらすじが公開
  • 本作は、人気コミック「トレース〜科捜研法医研究員の追想〜」が原作となっている
  • 新木優子、山崎樹範、岡崎紗絵、矢本悠馬、船越英一郎ら俳優陣が集結

真野(錦戸亮)、早川(萩原聖人)に実姉の情報求める「トレース〜科捜研の男〜」<第7話あらすじ>

真野(錦戸亮)、早川(萩原聖人)に実姉の情報求める「トレース〜科捜研の男〜」<第7話あらすじ>

新木優子・船越英一郎・宇野実彩子/「トレース〜科捜研の男〜」第7話より(C)フジテレビ

【トレース〜科捜研の男〜/モデルプレス=2月18日】関ジャニ∞錦戸亮が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(毎週月曜よる9時〜)の第7話が18日、放送される。

◆錦戸亮、月9初主演「トレース〜科捜研の男〜」

累計40万部突破の人気コミック「トレース〜科捜研法医研究員の追想〜」(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)を原作とする同作。実際に鑑定をしていた元研究員が原作者で、実際の事件をベースにした本格科捜研サスペンスとなっている。

ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員・真野礼二役を、2011年7月期放送の「全開ガール」以来7年半ぶりの月9出演となる錦戸、新人法医研究員・沢口ノンナ役を新木優子が演じるほか、山崎樹範、岡崎紗絵、矢本悠馬、船越英一郎ら俳優陣が集結する。

◆第7話あらすじ

真野(錦戸 亮)は、25年前に殺害された当時高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、 英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

一方、虎丸(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。

所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。

実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われ…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)