V6岡田准一「白い巨塔」最終回、15.2%の高視聴率記録

岡田准一主演『白い巨塔』最終回平均視聴率が15.2%を記録、5夜すべて同時間帯トップ

記事まとめ

  • V6の岡田准一が主演の5夜連続ドラマ『白い巨塔』最終回平均視聴率が15.2%を記録した
  • 今回、岡田は主人公・財前五郎、松山ケンイチが同期の医師、沢尻エリカが愛人を演じた
  • 『白い巨塔』は、5夜すべて同時間帯トップで、岡田らの熱演が週4冠に大きく貢献した

V6岡田准一「白い巨塔」最終回、15.2%の高視聴率記録

V6岡田准一「白い巨塔」最終回、15.2%の高視聴率記録

沢尻エリカ(C)モデルプレス

【白い巨塔/モデルプレス=5月27日】V6の岡田准一が主演を務め、テレビ朝日開局60周年記念大型ドラマスペシャルとして22日〜26日に放送された5夜連続『白い巨塔』の最終回平均視聴率が15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことがわかった。

1965、69年に新潮社より刊行された、作家・山崎豊子の長編小説『白い巨塔』をドラマ化した同作。

今回、主人公・財前五郎役に岡田を迎え、財前の同期で内科医の里見脩二役を松山ケンイチ、財前の愛人でバーのホステス・花森ケイ子役を沢尻エリカ、財前の師である第一外科教授・東貞蔵役を寺尾聰が演じた。

◆「白い巨塔」が牽引 開局以来初の快挙

テレビ朝日の5月4週の平均視聴率は全日が7.7%、ゴールデンが11.6%、プライムが12.0%、プライム2が5.7%で、2013年12月以来約5年半ぶりとなる4冠を達成。(※プライム2は、23時〜25時の平均視聴率。また、全日・ゴールデン・プライムの3冠は4月2週以来、今年度2回目)

この週に放送された『白い巨塔』は、5夜すべてにおいて同時間帯トップ、岡田らの熱演が週4冠に大きく貢献した結果となった。

また、この週のバラエティーも『白い巨塔』と連動展開し、20日「帰れマンデー見っけ隊」が10.9%、同「10万円でできるかな」が12.6%、24日「アメトーーク2時間SP」が12.3%、26日「ナニコレ珍百景」が12.9%、同「ポツンと一軒家」が自己2位となる19.0%と、いずれも高視聴率を獲得。

全日帯においても、「グッド!モーニング」6時台が自己最高となる週平均8.7%、7時台が自己2位タイとなる週平均10.4%をマ―クするなど、情報ベルト番組を中心に好結果となり、7週連続の1位を獲得、開局以来初の快挙となった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)