欅坂46守屋茜、“美しすぎる涙”のカット解禁<1st写真集「潜在意識」>

欅坂46守屋茜、“美しすぎる涙”のカット解禁<1st写真集「潜在意識」>

守屋茜(撮影/桑島智輝)

【守屋茜/モデルプレス=6月7日】欅坂46・守屋茜の1st写真集「潜在意識」(6月26日発売/小学館)より、“美しすぎる涙”のカットが公開された。

◆守屋茜、“美しすぎる涙”の理由は?

今回、写真集の水着やランジェリー撮影のために、ハードなトレーニングと糖質制限を敢行した守屋。理想のボディラインを作り上げるために、かなりストイックに自分を追い込んだ結果、メリハリのある美しいボディラインが仕上がった。

この度解禁されたのは、そんな守屋のストイックなボディメイクが生み出した、彼女の“涙”を収めた貴重なカット。現地入りしてからも撮影に向けて、食事に気を遣う守屋は、パンやスイーツなど糖質の高い食品は一切口にしなかった。

ロケ2日目、『カフェドパリ』での撮影の際、食べているシーン用に出された大きなパフェを一口ほうばった瞬間、彼女の目から涙が!それまでの我慢があったからこそ、その一口は最高の味となったのだろう。守屋といえば、『欅って、書けない?』(テレビ東京)などで見せる“悔し涙”で有名だが、この涙は感極まった最高の“嬉し涙”だった。

◆守屋茜、1st写真集 憧れの国・モナコで撮影

雑誌でビューティに関する連載も持つなど男性ファンだけでなく、女性ファンも虜にする守屋。

今作は、守屋が「人生で一度は行ってみたかった憧れの国」という“地中海の宝石”モナコと、南仏ニースを巡る5日間のロケで撮り下ろし。モナコ旧市街や移動遊園地、世界中のセレブを虜にするキラキラした町並みと地中海をバックに撮影は行われた。

◆守屋茜、1st写真集 水着&ランジェリーショットに初挑戦

誰にも見せたことのない「素」の守屋が満載で、憧れの地は彼女にとっても“自身を開放できる地”だったよう。いままで誰にも見せたことのないような表情や姿が随所に収められている。太陽が燦々と降り注ぐコート・ダジュール(南仏の海岸)では自身初の“エモい”水着姿を初披露する。

雑誌『an-an』でビューティーページの連載を持つ守屋。美に関しても一切の妥協を許さない彼女は、この撮影のためにストイックなトレーニングや糖質のコントロールを決行。そんなしなやかなボディも見所の一つ。美容番長の“すっぴん”のリラックスした表情も収録している。

さらに、20歳を迎えた守屋が、アイドルの時には見せない表情で初めてのランジェリーショットにも挑戦。大人の女性へと脱皮した、20歳(ロケ当時)の守屋の姿を収めた。(modelpress編集部)

■守屋茜(もりや・あかね)プロフィール

1997年11月12日生まれ。A型。宮城県出身。2015年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格。2016年4月シングル『サイレントマジョリティー』でデビュー。以後、副キャプテンとしてグループの中心に立ち、メンバーを引っ張る立場に。特技はソフトテニス。運動が大好き。ニックネームは「あかねん」。故郷・仙台をこよなく愛する。東北楽天イーグルスの「2019イーグルスガール」のイメージキャラクターも務める。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)