松坂桃李&山本美月「パーフェクトワールド」最終回直前の展開に「号泣」「皆幸せになって」

松坂桃李&山本美月「パーフェクトワールド」最終回直前の展開に「号泣」「皆幸せになって」

松坂桃李、山本美月 (C)カンテレ

【松坂桃李・山本美月/モデルプレス=6月18日】松坂桃李主演のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『パーフェクトワールド』(毎週火曜夜9時〜)の第9話が18日、放送された。展開に反響が寄せられている。<※以下、ネタバレあり>

同作は、不慮の事故により車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていくことで2人の生き方が変化していくラブストーリー。

◆樹(松坂桃李)&つぐみ(山本美月)が復縁

樹と別れ、長年思いを寄せてくれていた洋貴(瀬戸康史)と婚約したつぐみ。しかし、樹と仕事をする内に気持ちが再燃し、樹もまた地震で死を覚悟したことをきっかけに後悔していた思いに気づく。

第9話では、自分の気持ちに嘘をつけなくなった樹とつぐみが、周囲の人を傷つけることを承知のうえで、洋貴やヘルパーの葵(中村ゆり)、そして家族にも、正直な気持ちを打ち明け、復縁。

つぐみは洋貴との婚約を解消し、洋貴も2人に怒りをぶつけながらも身を引き、樹に「絶対に別れるな」とつぐみを託す。樹も葵にヘルパーの契約解消を申し出、今の自分があるのは葵のおかげだとしながらも関係に区切りをつけた。

つぐみの父・元久(松重豊)だけは2人の交際に断固反対するが、樹の母・文乃(麻生祐未)は、泣いて2人の復縁を喜ぶ。

ラストシーン、つぐみが樹の部屋に泊まり、手を繋ぎながら幸せを噛み締め2人で眠った翌朝、樹は高校時代につぐみが描いた絵を見ながら「俺と結婚して下さい」とプロポーズ。頷くつぐみの肩を優しく引き寄せた。

◆最終回直前、感動の展開に反響

このほか、つぐみの妹・しおり(岡崎紗絵)は洋貴に告白するが、思いを受け止めてもらえず、一方でそんなしおりを晴人(松村北斗)は一途に思っていて…。

次週最終回を前に、それぞれの登場人物が涙した展開に、「号泣」「切ないけど皆幸せになってほしい」「皆が素敵すぎて泣けた」「是枝良い人すぎる」と感動の声が殺到。

「来週最終回とか悲しい」「すでにロス」とドラマの終了を惜しむ声も多数あがっていた。(modelpress編集部)

情報:関西テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)