バービー「イッテQ」ロケでアキレス腱断裂

バービー「イッテQ」ロケでアキレス腱断裂

バービー(C)モデルプレス

【バービー/モデルプレス=6月24日】日本テレビは24日、お笑いコンビ・フォーリンラブのバービー(35)が、22日に行われた「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜19時58分)の「女芸人一芸合宿」(宮城県松島町)でのロケ中に左足アキレス腱断裂の怪我を負ったことを発表した。

◆バービー、アキレス腱断裂で全治3ヶ月

日本テレビは、バービーが怪我をした時の状況について、「出演者が集まり、宴会場でそれぞれの演芸を披露する恒例企画で、バービーさんはダンスを披露。そのダンスのステップを踏んでいる際、左足に違和感を覚え、終了後、徐々に痛みを感じたということです」と説明。その後、現地の病院で診察を受け、左足アキレス腱断裂と診断。翌23日に東京に戻り、都内の病院で手術を行い、無事成功した。

バービーは現在都内の病院に入院中で、医師によると完治までは3ヶ月の見込み。26日に退院予定だという。

日本テレビは「ケガをされた、バービーさんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。「ロケに際してはリハーサルも行い本番に臨みましたが、今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」とつづっている。

◆バービー「魂の舞を披露した結果…」

また、バービー本人も「どうしても踊りたいダンスがあり、沸き立つ想いを抑え切れず、魂の舞を披露した結果、アキレス腱を切ってしまいました。誰よりも美しく高く飛びたい!という気持ちが腱に無理をさせてしまったようです」とコメント。

「アキレス腱断裂は誰にでも起きうるものらしいので、みなさまお気をつけください!」と注意を呼びかけ「今は、お医者さんと相談しながら、早く復帰できるように養生します」としている。

同番組では5月24日にお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(34)がインドでのロケ中に左足首を骨折し、全治2ヶ月のケガを負っている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)