藤田ニコル「消えたなって思われる日が来たら怖い」人気だからこその不安語る

藤田ニコル「消えたなって思われる日が来たら怖い」人気だからこその不安語る

藤田ニコル(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/06/28】モデルの藤田ニコルが、27日放送のフジテレビ系バラエティ番組「#ミレニアガール」(毎週木曜25:25〜)に出演。現在の人気について不安を抱いていることを打ち明けた。

東海ナンバーワンキャバ嬢の“エンリケ”こと小川えり、歌舞伎町ナンバーワンキャバ嬢の一条響とのトーク中、人気者ゆえの不安について聞かれた藤田。すると、「TGC(東京ガールズコレクション)とか、声援が丸わかりなの」とステージに上がった時の声援の大きさについて口にした。

藤田によれば、テレビ出演前「Popteen」モデルとして活躍していた時の声援は「そこそこ『きゃ〜』」で、テレビ出演を重ねた「今が(声援の)ピーク」とのこと。「TGC」では自身のファン以外も多く観覧しているため、「雑誌でいくら人気だと言っても、テレビに出てる人のほうが強い」「知名度のほうが(声援が)でかい」と分析し、自身についても、テレビ出演をするようになってから知名度が倍増したゆえ、現在は声援が過去最高なものの「これがいつか終わる日も来るかなと思ったら、『消えたな』『飽きた』と思われる日が来ると思ったら、今すごく怖い」と不安があることを打ち明けた。

◆藤田ニコルが不安語る

また、世間ではテレビに出演していないと「他の仕事をしていても『消えたな』って言われる」と、世の中の反応についても言及。先日、リフレッシュのため1週間のハワイで休暇を過ごしたものの、後半になるにつれ「やばい、仕事してない!って思って」「消えたって思われちゃう」と不安な気持ちになってしまったことを明かした。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)