中居正広VS大野智、久々の“下剋上” 懐かしの「うたばん」絡みにファン歓喜

中居正広VS大野智、久々の“下剋上” 懐かしの「うたばん」絡みにファン歓喜

中居正広VS大野智、久々の“下剋上” 懐かしの「うたばん」絡みにファン歓喜の画像

【モデルプレス=2019/07/13】嵐が、13日に生放送されたTBS系『音楽の日 2019』(午後2時から翌朝5時まで)に出演。総合司会の中居正広とのトークで、懐かしのやりとりを繰り広げた。

◆久々の“中居VS大野”

同番組初登場となった嵐は、直前に披露されたジャニーズJr.たちのパフォーマンスに感嘆。その後、話題は2020年12月31日をもってグループ活動を休止することについて。

中居に、休止発表から半年が経過した心境を聞かれて1人ひとり答えていくと、最後の大野智が「お前が休め!」と毒づき、かつて『うたばん』(同局)で繰り広げられた“中居VS大野”の流れに。安住紳一郎アナの影に隠れる大野、その大野を捕まえようと声を荒らげる中居、そんな中居を必死に止める相葉雅紀・二宮和也・松本潤・櫻井翔の4人。久々の展開に、櫻井も思わず「懐かしいな〜この感じ」と満面の笑みだった。

◆大野智、最後は不発

その後、安住アナから「『うたばん』以来ですか?」と、嵐と中居の共演についての質問があがり、櫻井が「2009年の紅白で中居くんが司会していた時以来。こうやってゆっくりトークするのは『うたばん』以来ですね」としみじみ。

そして、再び「皆さんにとって中居さんってどんな人ですか?」と聞かれた嵐が1人ずつ答え、いざ大野の番。しかし、「なんでも言いやすいですね」とどっちつかずの回答になってしまい、これには中居も「ハンパなアドリブだな〜」と笑っていた。

なお、その後の嵐のパフォーマンス中には、5人揃って中居のもとへ。大野が中居の肩に手を当てながら歌うなど、笑顔溢れるステージとなっていた。

◆中居正広VS大野智“下克上物語”が話題に

中居と大野の久々の絡みに、ネット上も「下克上きた〜」「これこれ〜」「いや〜いつ見てもいい」「最高」と話題に。ファンも大喜びの“下剋上”だった。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)