現役早稲田生YouTuber・青山舞莉のハイスペックぶりに感心 世界を狙う動画に期待の声

現役早稲田生YouTuber・青山舞莉のハイスペックぶりに感心 世界を狙う動画に期待の声

青山舞莉 (提供画像)

【モデルプレス=2019/07/14】現役早稲田大学生でYouTuberの青山舞莉が、14日に放送された「ニホンのナカミ」(FM FUJI 毎週日曜あさ8時30分〜/ほか8局ネットで放送)に出演。世界を狙う動画に期待が寄せられた。

◆青山舞莉に感心しきり

現在、早稲田大学の理工学部に通う青山。18歳ながら人生の約半分をインドネシア、シンガポールで過ごしたため「日本語より英語の方が得意」と語学に長け、加えてテニス、ゴルフ(スコア80台)も得意とするハイスペックぶりに、DJの竹田恒泰は「へぇ〜」と感心しきりだった。

また、竹田は番組初のYouTuberゲストということもあり、青山のチャンネルに興味津々。同世代に向けたタピオカや韓国料理に関する動画をアップしていることや、「早慶戦」動画の反響が大きかったことを知り、さらに興味を示していた。

◆青山舞莉に太鼓判「これからなんでも出来る!」

さらに、今後について青山が「将来はマルチに活動したい、色んな人に自分の魅力だったり、憧れられるような人になりたいですし、国際的なバックグラウンドもあるので、そういう所に興味を持ってもらえるようにしたい」と語ると、「これからいくらでも可能性があると思う」「『英語が日本語より得意』っていうのはスゴイ武器、それでまだ18歳でしょ、これからなんでも出来る!日本のことを世界に伝えて欲しいな」と太鼓判を押した竹田。

日本のYouTuberは、日本のみをマーケットにしているため少ないパイを奪い合っているという現状をふまえて、「英語で配信すれば世界中が対象になるでしょ、しかも日本はこれからオリンピックも控えていて、日本のことを知りたい海外の人は山程いる。そこで、日本のことを知るなら青山舞莉チャンネルってなれば桁違いになります」と世界に向けての動画配信も勧めていた。

そして、竹田からは「なんで理工学部?」という質問も。青山の「政治経済学部と理工学部で悩んだんですけど、環境問題に興味があったので、それに近い今の学部にしました」という返答に、「本当にマルチタレントになる可能性がありますね」と唸る竹田だった。

◆竹田恒泰から青山舞莉にアドバイス

対して、青山から竹田に尋ねる場面では、YouTubeの「チャンネル登録者数」について質問。登録者数16万を超える竹田は「のびのびと楽しく動画を作って、そうすればその楽しいパワーが動画を観ている人に伝わると思うんです。僕自身もチャンネルをやる時は、いつも楽しみながらやっているんですけど、それを全開にすると、楽しいパワーが広がって、多くの人が観てくれるんだと思いますよ」と助言し、「YouTubeから始まることっていっぱいあると思う、無限の可能性があるので、色んなことに挑戦してみて下さい」とエールを送った。(modelpress編集部)

■青山舞莉(あおやま・まいり)プロフィール

出身:東京都
生年月日:2000年7月28日
身長:156cm
趣味:ゴルフ(80台)、テニス、バスケ
特技:ゴルフ、英語(ネイティブ)

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCyWL_MJyZmRU2aFZny00t9Q
Twitter https://twitter.com/miley_728
Instagram https://www.instagram.com/milez728/

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)