日向坂46・1st写真集、白の水着×Tシャツでプール撮影 青春感たっぷりカット解禁

日向坂46・1st写真集、白の水着×Tシャツでプール撮影 青春感たっぷりカット解禁

齊藤京子、佐々木美玲、佐々木久美、加藤史帆、高本彩花/撮影:YOROKOBI

【モデルプレス=2019/07/19】日向坂46のグループ初となる1st写真集「タイトル未定」(8月28日発売/新潮社)より、年上メンバーで臨んだプール撮影の写真が解禁された。

◆日向坂46年上メンバーが水着×Tシャツでプール撮影

プールでの撮影は、年上メンバーである井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂の14人が決行。沖縄のプールで、青春感たっぷりの撮影を行った。

メンバーは、清純なイメージの「白」で統一した水着×Tシャツ姿でプール遊び。「このプール撮影でメンバー同士がさらに仲良くなった」という声がメンバーからあがるほどはしゃぎにはしゃいだ撮影は、みんなが素で楽しんでいる表情が満載。

集合写真でも、特にポージングを決めたわけでなく、カメラマンが声を掛けると、自然とみんなの個性が凝縮されたポーズの一枚に。楽しんでいる声が聞こえてくるような集合写真となった。

撮影後もプールに残り、スタッフから「もう終わりだから出るように!」と言われるまでずっと遊び続けていた1期生。みんなで協力して“流れるプール”を作ろうと試みる様子は無邪気そのものだった。

◆日向坂46、初のグループ写真集で沖縄旅行

日向坂46が持つ“グループとしての力”が遺憾なく発揮された初のグループ写真集の舞台は、4泊5日の沖縄旅行。撮影は2019年春、メンバーが一緒に過ごした5日間を撮り下ろし。スイカ割り、キャンプファイヤー、フェリーに乗って離島へ移動、修学旅行感のある班別行動など満載。まるで読者も一緒に旅に出ているような気分になれる一冊となっている。

さらに、一部メンバーはランジェリー姿も撮影。アイドルとしての殻を脱ぎ捨て、素のままで臨めたからこそ撮影できた、無邪気さと色気が同居するランジェリー姿のメンバー達の表情は必見だ。

メンバーから「人生で一番楽しかった!」「あの撮影から更に絆が深まった」という声が続出するほどの一体感が生まれた撮影だったのは、どんなことにも全力で向かう日向坂46だからこそ。何か辛いことがあった日も、この写真集を見れば「良い一日だったな」と思えるような、そんな“ハッピーオーラ”に包まれた写真集が完成した。

また、同写真集ではファン参加企画「おひさまをつくろう」が実施される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)