「凪のお暇」“顔が圧倒的にかわいい”唐田えりか、慎二の新恋人?で注目

「凪のお暇」“顔が圧倒的にかわいい”唐田えりか、慎二の新恋人?で注目

唐田えりか/「凪のお暇」第5話より(C)TBS

【モデルプレス=2019/08/18】女優・黒木華が主演を務めるTBS系の金曜ドラマ『凪のお暇』(読み:なぎのおいとま/毎週金曜よる10時〜)の第5話が、16日に放送された。高橋一生演じる我聞慎二と、恋の進展が予感される市川円役・唐田えりかに注目が集まっている。<※ネタバレあり>

◆黒木華主演「凪のお暇」

同作は、空気を読みすぎて他人の目を必要以上に気にする28歳OLの主人公・大島凪が、あるきっかけから勤めていた会社も、付き合っていた彼氏も、住んでいた部屋も、SNSもありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す“人生リセットストーリー”。

主人公の真面目で優しく気が弱い性格の凪を黒木、営業部のエースで凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、お暇した凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。

◆唐田えりか演じる円“ダークホース”現る?

慎二は別れた凪への想いを引きずり、凪が引っ越した立川のアパートまで執拗に押しかけるなど、相変わらず不器用が故のモラハラぶりを発揮。

一方凪は、慎二と正反対に優しく包み込んでくれるゴンの魅力に“闇堕ち”。慎二は、凪が他にも女がいるゴンと関係を持っていることを知り、号泣しながら凪に怒号を浴びせるなど、今後の展開に注目が集まっていた。

そんな中、突如キーパーソンに浮上したのが唐田演じる市川。大阪支社で営業トップの成績を獲得して東京本社にやって来た慎二の会社の後輩で、頭の回転がはやく、気が利き、性格も良いという非の打ち所がない女性だ。しかも慎二が心の声で「顔が圧倒的にかわいい」と何度もつぶやくほどの完璧美女でもある。

仕事での息もすぐに合い、お互いに好感を抱いている様子だった慎二と円。第5話では円が、優等生が故に上司にセクハラまがいのことをされ、女性社員の妬みの標的となり、男性社員には陰口を叩かれるようになってしまう。しかし、慎二は「ヘド出るわな、そういう生産性のない悪口。実際色目でもなんでも結果残してたらいいだろ。あいつ大阪支社営業トップでこっちに抜擢されてきてんだろ」と円をかばうような発言。

そんな慎二に心を奪われた様子の円は、会社の人たちと一緒に乗ったタクシーの中で、無言で慎二の指に自身の指を絡める。同話のラストには、慎二と円が手をつないで恋人同士のように夜の街を歩く様子が描かれた。

さらに第6話の予告では、オフィスで慎二が円の頬にキス。徹底的に凪を想い続けるのかと思われた慎二だったが、ここで突如円が“ダークホース”に。

◆「誰でも惚れちゃう」「可愛すぎる」と反響 唐田えりかに注目集まる

視聴者からは「円ちゃん、こんないい子に積極的に来られたら誰でも惚れてしまうわ」「こんな子いたら絶対好きになっちゃいそう!」「唐田えりかちゃんの透明感やばい。可愛すぎる」「これからどうなるんだろう〜〜唐田えりかちゃん、本当に圧倒的に顔がかわいい」「こんな子会社にいてほしい」など、反響が続々。物語の鍵を握る人物としても、目を離せない存在となりそうだ。

保険のCMやback number「ハッピーエンド」のMVで顔を広めた唐田は、昨年、映画『寝ても覚めても』で一躍注目の的に。同年の国内映画賞で新人賞を受賞しただけでなく、「第71回カンヌ国際映画祭」にも出席した。

韓国語を勉強し、現在は日本の事務所だけでなくイ・ビョンホンや「トッケビ」のキム・ゴウンが所属するBHエンターテインメントにも所属。演技派女優として国際的な活躍が期待される。

日本ではファッション誌『MORE』の専属モデルも務め、マルチに活動する唐田。今後の飛躍に目が離せない。(modelpress編集部)

◆唐田えりか(からたえりか)プロフィール

生年月日:1997年9月19日
出身地:千葉県
血液型:A型
身長:167cm
趣味・特技:音楽鑑賞・書道

2014年スカウトをきっかけに芸能界入り。2015年7月にフジテレビ系の月9ドラマ「恋仲」にゲスト出演して、女優としてデビューを果たした。

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)