嵐・二宮和也「嵐を旅する展覧会」グッズ制作エピソード語る「見てあれだったら衝撃」

嵐・二宮和也「嵐を旅する展覧会」グッズ制作エピソード語る「見てあれだったら衝撃」

嵐・二宮和也「嵐を旅する展覧会」グッズ制作エピソード語る「見てあれだったら衝撃」の画像

【モデルプレス=2019/08/19】嵐の二宮和也が、18日放送の自身がパーソナリティを務めるラジオ「BAY STORM」(bayfm/毎週日曜よる10時)にて、現在開催中の「ARASHI EXHIBITION“JOURNEY”嵐を旅する展覧会」のディズニーコラボグッズのエピソードを語った。

同展覧会はCDデビュー20周年を迎える嵐の初めての展覧会。現在東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムにて開催されている。

◆二宮和也、グッズ制作エピソード明かす

数多くのグッズが販売されている同展覧会だが、中には嵐のメンバー5人がそれぞれ描いたミッキーマウスをデザインに使ったものも存在。リスナーから何か見本を見て描いたのかの尋ねられると、二宮は「僕は何も見ないで描いたけど。見てあれだったら衝撃的すぎるでしょ、何を見て描いたんですかって言われちゃう」と答えた。

また、ほかのメンバーが描いたミッキーについては「見本を見て描いてる人もいるんじゃないかな?俺とリーダー以外は見本見て描いてるのかな?」と推測。見本になるものは用意されていたものの、二宮は「俺はそれ見て描いちゃうともったいないなと思ったから一発で」と何も見ないで描いたことを明かした。

さらに、「あれはあれでいいですよね」とコメント。「結果的にみんなバランス取れててめちゃくちゃよかったと思うんだけどな」と満足げに語った。(modelpress編集部)

情報:bayfm

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)