馬場ふみか・佐久間由衣、復讐&やり直したいこと告白「いろんな子に踏まれた」<このミス>

馬場ふみか・佐久間由衣、復讐&やり直したいこと告白「いろんな子に踏まれた」<このミス>

(左から)馬場ふみか、佐久間由衣(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/08/21】女優の馬場ふみかと佐久間由衣が21日、都内で行われた「このミス」大賞ドラマシリーズのバトンタッチイベントに、それぞれ共演する甲斐翔真、阿部進之介とともに登壇した。

◆馬場ふみか&佐久間由衣出演「このミス」大賞ドラマシリーズ

映像配信サービス「U-NEXT」とカンテレ(関西テレビ)が、宝島社「このミステリーがすごい!」大賞の関連作品をドラマ化する同シリーズ。

7月4日から放送・配信スタートし、8月22日に遂に最終回を迎える第1弾「時空探偵おゆう大江戸科学捜査」に佐久間と甲斐、8月29日から放送・配信スタートする第2弾「名もなき復讐者 ZEGEN」に馬場と阿部が出演する。

◆馬場ふみか「いろんな子に踏まれた」過去告白

イベントでは、2作品のテーマを踏まえ、「タイムスリップして復讐したいこと、やり直したいこと」について登壇者がトーク。

馬場は、幼稚園の頃の屈辱的な思い出を明かし、「運動会のかけっこで、スタートしたときに一番はやく走ってて、『私1番だ!』と思った瞬間に転んだんです。その時に、すごいいろんな子に踏まれて」と告白。「余裕を持った瞬間に転んだので、もっと必死にやればよかった」と悔しがっていた。

◆佐久間由衣「いまでも根に持たれている」

さらに、佐久間は「ずっと考えたけど、復讐したいことはなかなかない」としつつ、親友と訪れたディズニーランドでのエピソードを紹介。「カメラで写真を撮っていたんです。それを帰る前のトイレで流してしまって…。それはいまでも彼女に根に持たれていて、ちょっとやり直したいです」と当時を回想した。

そのうえで「ポケットから落ちちゃったんですけど、携帯じゃなくてよかったです」と加えた佐久間。すると阿部から「全然反省してねーな!」とツッコまれていた。

◆佐久間由衣から馬場ふみかへエール

また、同イベントでは第1弾「時空探偵おゆう大江戸科学捜査」から、第2弾「名もなき復讐者 ZEGEN」への“バトンタッチ”を実施。両作に出演する佐藤二朗がプリントされたバトンを、佐久間、甲斐から、馬場、阿部へと受け渡した。

佐久間は「すごく作品を楽しみにしております」と2人に向けてエール。それを受け、馬場は自身の作品の“サスペンス味”を挙げ、「(第1弾とは)全然雰囲気が違った作品になると思うので楽しんでもらいたい」とアピールした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)