【中間速報】「女子高生ミスコン2019」関西エリア、暫定上位5人を発表<日本一かわいい女子高生>

【中間速報】「女子高生ミスコン2019」関西エリア、暫定上位5人を発表<日本一かわいい女子高生>

【中間速報】「女子高生ミスコン2019」関西エリアの暫定上位5人

【モデルプレス=2019/08/21】“日本一かわいい女子高生”を決める「女子高生ミスコン2019」は20日、関西エリアの『投票サイト powered by モデルプレス』をオープンし、SNS審査を開始。翌21日、上位5人の速報結果が発表された。

◆中間速報/「女子高生ミスコン2019」関西エリア

「投票数」1位:りこてぃー

「応援メッセージ数」1位:みか

「ページ閲覧数」1位:のえるん

「リツイート数」1位:吉田いぶき

「総合ポイント数」:ゆめのん

候補者たちは、投票サイトにて「投票数」「応援メッセージ数」「ページ閲覧数」「リツイート数」「LINE LIVEポイント数」「TikTokいいね数」「mystaポイント数」「総合ポイント数」の8項目のポイント数で競い合っている。

投票サイトは25日21時59分に締め切り、26日にモデルプレスにて通過者を発表。関西エリアは、17人(都道府県代表6人+SNS代表11人)が次の審査へと進むことができる。

なお関西エリアは、大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、和歌山県からエントリーした高校生が対象。

◆「女子高生ミスコン2019」6エリアでSNS審査を実施

5回目となる今年度も、「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6つのエリアの投票サイトをオープン。エリアごとに投票が行われている。

このSNS審査までに約500人が勝ち残っているが、セミファナリストとして次に進めるのは6エリア合計で100人。「SNS代表」と「都道府県代表」の2つに分けられる。「SNS代表」はSNS審査の総合ポイントにより、6エリア合わせて53人、「都道府県代表」は面接審査とSNS審査の結果を加味して各都道府県から一人ずつ、47人が選出される。

※「女子高生ミスコン2019」の問い合わせ
下記「女子高生ミスコン」運営メールアドレスまで。
support@jkmisscon.jp

◆「女子高生ミスコン2019」今後のスケジュール

今年より、セミファイナリストに選ばれた100人を対象に「地方週末レッスン」を新たに開催。ファイナリスト選出には、この地方週末レッスンも審査対象となり、候補者たちはレッスンや撮影、セルフプロデュースなどを学び“日本一かわいい高校生”の称号を狙う。

グランプリは12月15日に東京で行われる本選で決定。グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。

◆「女子高生ミスコン2019」全体スケジュール

エントリー:2018年12月26日〜
書類審査・プリ機エントリー終了:〜2019年8月9日
面接審査:3月末〜8月12日
SNS審査 by モデルプレス:8月20日〜8月25日
セミファイナリスト(ベスト100)発表:8月26日:
ファイナリスト発表:10月6日
ファイナル投票:10月28日〜12月13日
グランプリ発表:12月15日

※スケジュールは予告なしに変更する可能性あり

◆「女子高生ミスコン」とは

「女子高生ミスコン」は、前身時代に“くみっきー”こと舟山久美子や“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都を輩出した、全国規模の女子高校生限定のコンテスト。プリ機やSNS投票など女子高生の生活に即した審査方法が取り入れられ、「女子高校生が選ぶ女子高校生のNo.1」を決めるミスコンとなっている。

初の全国開催となった2015-2016年度は、『テラスハウス』にも出演した“りこぴん”こと永井理子が初代“日本一かわいい女子高生”に選ばれ、2017-2018年度では“めいめい”こと福田愛依がグランプリを受賞し、受賞後9ヶ月で15本以上の地上波バラエティ番組に出演。また2018年度は“あれん”がグランプリを受賞し、青春恋愛リアリティーショーなどで活躍するファイナリストたちも輩出した。

◆「男子高生ミスターコン2019」も開催

また“日本一のイケメン高校生”を決める「男子高生ミスターコン2019」も、 8月21日より「投票サイト powered by モデルプレス」にてSNS審査がスタート予定。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)