永野芽郁が涙 「坂上どうぶつ王国」で初のバラエティー海外ロケ

永野芽郁が涙 「坂上どうぶつ王国」で初のバラエティー海外ロケ

コアラケアラーの自宅でコアラを見つめる永野芽郁(右)と堀田真由(中央) (C)フジテレビ

【モデルプレス=2019/08/22】女優の永野芽郁が、23日放送のフジテレビ系バラエティ番組『坂上どうぶつ王国3時間SP』(19時〜21時55分)に出演する。

◆永野芽郁「坂上どうぶつ王国」で初の海外ロケ挑戦

同番組は、芸能界きっての愛犬家であり動物好きの坂上忍とフジテレビがタッグを組み、夢のどうぶつ王国を作り上げる動物バラエティー番組。

今回、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)で国民的女優となった永野が番組初登場。大の動物好きという永野は、バラエティー番組で初の海外ロケに挑戦した。

◆永野芽郁が涙「感動しちゃう…」

永野が訪れたのはオーストラリア。ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)で共演し意気投合した番組レギュラーの堀田真由とともに、人間とコアラがまるで家族のように共生しているレッドランドという街に向かった。

そこで目撃したのは、住宅街の木の上で休んだり元気に道路を走り回ったりするコアラの姿。日本では信じられない驚きの光景に、永野と堀田は興奮。そしてこの街でコアラを保護している“コアラケアラー”の家を訪ねる。

バスルームの扉を開けるとユーカリの木が。そしてそのユーカリの木に登っておとなしく休んでいるコアラを発見。「人形みたい!」「なんてこったい!」と驚く永野。一体なぜバスルームにコアラがいるのか?“コアラケアラー”がその理由を説明する。

この家では、屋外でもコアラを保護して育てており、2人はコアラにユーカリを与え、1日に200回もふんをするというコアラのふん掃除もお手伝い。ふんをつかんだ永野は「全然いいにおい!」とびっくり。ユーカリを食べるコアラは、長い腸で消化するのでふんのにおいはほとんどないという。そして、コアラを野生に返す瞬間にも立ち会った永野は、「自分の力で人生を切り開いていく、そこを見させてもらうのはなんかぐっとくるよね」と感動する。

このほかにも、永野と堀田は、赤ちゃんカンガルーを保護して野生に返している“カンガルーケアラー”の家庭にもお邪魔する。永野たちはカンガルーの赤ちゃんへのミルクあげにも初挑戦。永野は「いとおしい!かわいい!目が合ってる気がする」と感激しながら上手にミルクをあげる。

そして1年ほど保護してきたカンガルーを森に返す日。慣れ親しんだ“カンガルーケアラー”の自宅から、ぴょんぴょんと跳びはねながら森へと向かうカンガルーに、「感動しちゃう…」と永野の目から涙があふれ出す。

◆日本のカメラ初潜入 坂上忍&ローラが南アフリカへ

一方、日本から約30時間、南アフリカ共和国を訪れた坂上とローラ。坂上は初めてのアフリカ。「アフリカ大好き!」というローラは何度も訪れていて、プライベートでサイや象を保護する活動も行っている。

実はアフリカでは象やサイの密猟が年間2万件を超える深刻な問題で、密猟者も過激化しているという。そんなアフリカのサバンナで野生動物を密猟者から守っている24歳の日本人女性がいる。2人はその女性にサバンナで初対面した。

4年前の二十歳の時から南アフリカで保護活動を行っているという、太田ゆかさん。太田さんと一緒にサバンナを車で走ると、わずか5メートルほどの至近距離でキリンの群れを目撃。そして泳ぐカバの群れにも遭遇する。

おとなしいイメージがあるカバだが、実は“サバンナ最強”といわれる危険な一面が。その生態とは?さらに、車で走ると、わずか10メートルの距離で、シマウマの肉を食べるライオンの姿も。坂上とローラは貴重な自然界のありのままの姿を目撃する。2人は巨大なアフリカ象にも遭遇。その距離5メートル。「こんな近いの・・・」と驚く坂上。すると象が坂上らの車をめがけて突進、威嚇してきた。

そして今回、密猟者が仕掛けたわなを回収する現場に、日本のテレビが初めて同行が許された。茂みの中を進むと、そこには多くの危険があった。一行は、密猟者がしかけた細いワイヤーで作られたわなを発見する。

その後も次々とわなが見つかると、坂上は「なんか生々しいな・・・」と密猟の現場に言葉を失う。こうした過酷な南アフリカのサバンナで、24歳の日本人女性はなぜ保護活動を行っているのか?坂上とローラが話を聞く。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)