ROLAND(ローランド)、流行語大賞に意欲

ROLAND(ローランド)、流行語大賞に意欲

ROLAND(ローランド) (C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/08/31】ホスト界の帝王と称されるROLAND(ローランド)が31日、都内にて、「第1回ベストフォーマルウェア アワード記者発表会」に出演した。

◆ROLAND、アワード受賞に喜び

同アワードは、フォーマルウェア文化の産業活性化を目的に今年、設立された。ROLANDは同アワードの洋装部門(男性)となる「Tuxedo Knight」に選出され、9月17日に都内で開催される授賞式に出席する。ROLANDのほか、和装部門(男性)となる「Kimono Knight」に渡部健が、同(女性)となる「Kimono Queen」にIKKOが選出された。

ROLANDは「僕が従事しているホスト業界もそうなのですが、カジュアルな装いというものが主流で、クラシックなスタイルが廃れている傾向にある中で、頑なにフォーマルウェアで出勤を続けて、そういった部分を評価して頂けたのかなと思うと嬉しいです」と喜びを言葉に。

◆ROLAND、流行語大賞に意欲も

同アワードの次に取りたい賞を尋ねられると、ローランドは、「ノーベル平和賞」と即答。「男に生まれたら、世界を幸せにして死んでいきたいじゃないですか」と胸の内を言葉に。また、ローランドは著書「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」が人気だが、「それか、流行語大賞。『俺か、俺以外か』」とも。「流行語大賞を今年、狙っていますか?」と声を掛けられると、「ノミネートくらいされてもいんじゃないのかなと思っています。取れたら嬉しいですよね、快挙なので」と意欲を見せた。

◆ROLAND、ハワイでもジャケット「白い目で見らました」

さらにトークではフォーマルウェアに関するエピソードが話題にあがった。ローランドは、以前仕事でドバイに行ったことを告げ、「砂漠じゃないですか。暑いんですね。ここでジャケットを脱ぐべきか否か」と決断を迫られたことを回顧。「ここで脱いだらきっと自分に甘えてしまうなと。砂漠でもフォーマルウェアで歩いたんです」と続けた。さらに、ハワイに旅行に行った際もアロハシャツを着るかの決断を迫られたそう。「ジャケットを着用してハワイを歩いていたので、すごく白い目で見らましたけど」と笑いを誘った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)