EXILE岩田剛典、白衣×眼鏡姿を初披露 新連ドラ「シャーロック」クランクイン

EXILE岩田剛典、白衣×眼鏡姿を初披露 新連ドラ「シャーロック」クランクイン

岩田剛典(C)フジテレビ

【モデルプレス=2019/09/06】10月7日スタートの10月期フジテレビ系新月9ドラマ「シャーロック」(毎週月曜よる9:00〜※初回30分拡大)に出演するEXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が、このたびクランクインを迎えた。

◆岩田剛典「シャーロック」の魅力を語る

ミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作にしたミステリーエンターテインメントで、“令和の東京”を舞台にスリリングかつ痛快なストーリーが描かれる同作。

クランクインの日、岩田は「いよいよ始まったなと実感しています。ディーンさん、西谷監督はじめ今作で初めてご一緒する方が多い現場なので、いい意味で緊張感をもって臨ませていただきました」と語り、撮影期間について「きっとこれからあっという間だと思います。オンエアがどんどん追いついてきてタイトなスケジュールになってくると思いますけど(笑)、そんな“連ドラあるある”の状況でも楽しい現場にしていきたいですね」と笑顔で抱負を述べた。

また、同作の魅力について「他の刑事ドラマやサスペンスドラマとは違って、『シャーロック』はコミカルな演出や掛け合いが見どころの一つになるんじゃないかと思っています」と語る岩田。「ボケとツッコミができるような楽しいコンビをディーンさんと築いていけたらいいですね。原作ファンもたくさんいらっしゃる作品ですので、リスペクトの気持ちを忘れずに、“自分たちらしさ”を表現していけたらと思っています」とコメントした。

◆岩田剛典、初の医者役で白衣姿披露

同作で精神科医・若宮潤一を演じる岩田は、スチール撮影で“白衣姿に眼鏡”姿を披露。「白衣姿は初です。まさか医師の役がこんなにも早く来るなんて、と新鮮な気持ちで白衣に袖を通しました。もしかしたら、白衣を着るシーンはそこまで多くないかもしれませんが、病院のシーンでは医師らしく、ちゃんとした人間であると思ってもらえるような演技をしていきたいです」と意気込みを語った。(modelpress編集部)

◆「シャーロック」第1話あらすじ

都内にある病院の中庭で、この病院に勤務する消化器内科医の遺体が発見された。捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)は、何者かによって屋上から突き落とされたのではないかと病院関係者へ事情聴取するが、患者からの信頼も厚く、異性関係のトラブルとも皆無だった被害者が殺されるはずなどないと口をそろえる。

その様子を静かに聞いていたのは犯罪捜査専門コンサルタントの誉獅子雄(ディーン・フジオカ)である。公にはしていないが、江藤は、ずばぬけた観察眼と天才的な思考回路を持ち合わせる獅子雄の力を時折借りながら事件捜査に当たっている。彼らの証言に潜む虚偽を瞬時に見抜き、必要な情報と不要な情報を整理していく獅子雄。

そんな中、事情調査中にも関わらずその場を静かに立ち去った一人の男がいた。この病院に勤務する精神科医の若宮潤一(岩田)である。その様子を見逃さなかった獅子雄は、彼が何か真実を握っているのではないかと察知し、重要参考人として調査を開始する。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)