国際派モデル・田中シェン、月9「監察医 朝顔」でドラマデビュー

国際派モデル・田中シェン、月9「監察医 朝顔」でドラマデビュー

田中シェン(C)フジテレビ

【モデルプレス=2019/09/09】国際派トップモデルで人気イラストレーターという顔も持つなど、多才な活躍をする田中シェンが、女優の上野樹里が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜よる9時〜)の第9話より出演することが決定した。田中は今作がドラマ初出演となる。

今作は、法医学者の万木朝顔(上野)と、父で刑事の平(時任三郎)という異色の父娘が、各話で、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かし、見つけ出された遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまを、胸が締め付けられるほどハートフルに描く。

同時に、朝顔は東日本大震災で母の里子(石田ひかり)が被災し、いまだ遺体が見つかっておらず、全話を通して、ポッカリと空いてしまった母の穴を、少しでも埋めようとするかのように肩を寄せ合い、涙と笑顔を繰り返しながら、少しずつ前へ進んでいく父娘、そして朝顔の夫である桑原真也(風間俊介)や朝顔の娘のつぐみ(加藤柚凪)たちとの、かけがえのない日々を、あふれるほど情感豊かに紡いでいく、感涙のヒューマンドラマとなる。

第1話(7月8日放送)の平均視聴率は13.7%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ、以下同)と好スタートを切り、第8話(9月2日放送)までの平均視聴率は12.4%と、以後も好調を維持。視聴率のみならず、視聴者からは「毎回心を打たれる内容で月曜日が待ち遠しい」「最高の月9ドラマ」「毎回、前回の感動を超えてくる」「涙腺崩壊しました」「俳優さん、脚本、音楽、どれも素晴らしかったです」といった絶賛の声が寄せられている。

◆田中シェン、保育士役でドラマ初出演

まさに今夏一番の注目を集めている「監察医 朝顔」の第9話より出演する田中が演じるのは、朝顔がつぐみを預けている保育園に勤める保育士のまい。朗らかで優しく、大きな笑顔が印象的なまいは、子どもたちの一番の人気者。保育園でつぐみの成長を見守り、朝顔の知らない保育園でのつぐみの姿を朝顔に伝えるまいは、朝顔とつぐみにとって、なくてはならない存在だ。

そんなまいを演じる田中は、2014年よりモデルとしての活動をスタート。「VOGUE」「ELLE」「FRaU」「kiitos.」を始めとするさまざまなファッション誌の誌面を飾り、多数のCMにも出演。かわいいだけでなくスタイリッシュで強烈な存在感を放つ田中に、「1度見たら忘れられない」と、読者や視聴者から大きな反響が寄せられ、今や国際派のおしゃれモデルとしての地位を確立。

同時にイラストレーターとしての顔も持ち、「どんな女の子もHAPPYにする」と評される田中のイラストはSNSなどで人気を集め、グローバルブランド「MIU MIU」やトリンプインターナショナルの「sloggi」などのブランドとのコラボレーションでイラストを描き下ろすなど、多才な活躍を見せている。

今作が初めてのTVドラマ出演となる田中だが、撮影は非常にスムーズに、和気あいあいと進行。1度見たら忘れられない、すべての子どもをHAPPYにする“保育士・田中シェン”の笑顔に注目だ。

◆衝撃の展開で幕を閉じた第8話、今後の展開は

なお、第8話では、朝顔の幼なじみで、もんじゃ焼き屋の店主・浅井三郎(きづき)と、妻の結衣(松永ゆり子)と、その子どもたちに加えて、法医学者の安岡光子(志田未来)、主任教授の夏目茶子(山口智子)らが、万木家で団らんのひとときを過ごした後に、朝顔たちの法医学教室に結衣の遺体が運ばれてくるという、衝撃の展開で幕を閉じたが、今夜放送の第9話では、朝顔が結衣の遺体の解剖に臨むも、手が震え、結衣の遺体にメスをあてることすらままならない。そんな朝顔に茶子は、解剖室から出て行くように指示をする。

解剖を終え、警察が、結衣が二階より背中から転落し、頭を打って仰向けの状態で亡くなっているところを三郎が発見したことが説明される中、茶子は結衣が転落死であるという解剖所見を警察に伝える。すると検視官の丸屋大作(杉本哲太)は、結衣が突き落とされた可能性はないか、つまり三郎による他殺の可能性を茶子に問う。丸屋の言葉を聞いた朝顔は、三郎に限ってありえないと言下に否定するも、茶子は他殺かどうかを調べるのは警察の職務だとし、三郎の無実を証明するために結衣の遺体を担当したいと取り乱す朝顔に、当分、解剖は任せられないと言い放つ。そして、三郎の取り調べに当たる平と森本(森本慎太郎)。最愛の妻を亡くし、失意の底にいる三郎はどうなるのか、見逃せない展開となっている。(modelpress編集部)

■田中シェンコメント

― 本作で初のTVドラマ出演となりますが、ご感想をお願いします。

とても緊張してドキドキしましたが、撮影スタッフの方々の段取りが良く、スムーズに進む撮影の中、現場には笑いが絶えず、その雰囲気に救われました。

― 上野樹里さん、加藤柚凪ちゃんとは初共演ですが、撮影はいかがでしたでしょうか?

上野樹里さんは、終始落ち着いており、つぐみちゃんと本物の親子のように休憩時間もすごしていて、ドラマのままだなぁと感動しました。柚凪ちゃんはとてもかわいらしく、初めましてだった私にもたくさんお話をしてくれて、かわいかったです。個人的に上野さんの作品をたくさん見ているので、共演できてうれしかったです。

― 視聴者の方へ、見どころなどメッセージをお願いします。

ドラマはハラハラドキドキの展開ですが、朝顔がつぐみの前で見せる母親としての日常の何気ない幸せの瞬間も、ぜひ注目いただきたいです!私個人としましては、田中シェンの初ドラマ出演も見守っていただけたらうれしいです。保育士さんのかわいいエプロン姿、ぜひ見てください!

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)