石原さとみ主演ドラマ「Heaven?」最終話あらすじ

石原さとみ主演ドラマ「Heaven?」最終話あらすじ

石原さとみ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」最終話より(C)TBS

【モデルプレス=2019/09/10】女優・石原さとみが主演を務めるTBS系火曜ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(毎週火曜よる10時〜)の最終話が10日、放送される。

◆石原さとみ主演「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」

本作は、「ロワン・ディシー」(意味:この世の果て)という名のフレンチレストランを舞台に、石原演じる“超変わり者”のオーナー・黒須仮名子(くろす・かなこ)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”を描く物語。

原作は、1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された佐々木倫子氏による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」。「ロワン・ディシー」のシェフドラン・伊賀観(いが・かん)役の福士蒼汰、コミドラン・川合太一(かわい・たいち)役の志尊淳らが出演する。

◆最終話あらすじ

指揮者の日比野(井上順)と親しくなった伊賀(福士蒼汰)は、日比野からコンサートに招待され仮名子(石原さとみ)とともに会場へと向かう。その後もたびたびコンサートに誘われることになり、客との距離感に戸惑った伊賀は、仮名子に苦言を呈される。

仮名子の一言で、自分が成長できていないことに気付いた伊賀は、家族の転勤先であるジンバブエに行くことを決意。そんな中、謎の3人組が「ロワン・ディシー」にやって来る。

仮名子たちに持ち掛けてきたとんでもない話とは、いったい!?「ロワン・ディシー」の運命の歯車が狂い始める…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)