りんごちゃん、高橋ユウ&メアリージュン姉妹との交友明かす「結婚式で歌ってきました」

りんごちゃん、高橋ユウ&メアリージュン姉妹との交友明かす「結婚式で歌ってきました」

りんごちゃん (C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/09/10】ものまねタレントのりんごちゃんが10日、都内で行われた製品発表会に、女優の羽野晶紀、平井伸治鳥取県知事とともに出席した。

◆りんごちゃん、ブレイク後の変化を明かす

現在各テレビ番組に引っ張りだこのりんごちゃんだが、ブレイクをして生活は変わったか尋ねられると「1番変わったなと思うのは、街中を歩いていてお声をもらう?目をいただく?『りんごちゃーん』とか『写真撮ってください』とかそういうのが変わりましたね」と声を弾ませ、「今年1月にレギュラー番組が決まって、で始めるまでは普通に歩いていても誰も知らなかったですが、今は声をかけられるのが楽しいです」とニッコリ。

街中では変装をしているのかとの問いには「ご迷惑がかかる場所とかがあるなと思うので、マスクとかするんですけど、私、マスクだろうがメガネをしようが、フォルムでわかるらしくて(笑)、最近言われるのが、歩いているこの形でバレちゃうみたいなので、逆に今はマスクとかもしないで堂々を生きています」と明かした。

さらに、ギャラの変化もあまりなく、住まいも下町のリンゴ箱(1K)に住んでいるというりんごちゃんだが「大人買いできるようになりました。お菓子が好きなんですけど、そういうのを大量に買えたり、前は値段を気にしながら買っていたんですけど、30個入り1袋全部買っちゃおうとか、そういう感じになりました」と嬉しそうに語り、最近大人買いしたものを追求されると「蒲焼きくん(蒲焼きさん太郎)です」と答えて会場を沸かせ、「存じてますか?恥ずかしい…。そういう板状のものと言いますか。珍味っていうんですか?広くいうと珍味を大量買いできるようになりました」と語った。

◆りんごちゃん、高橋ユウ&メアリージュン姉妹と仲良しに

また、友人関係にも変化はあるか聞かれると「それも変わったかもしれないです。現場で仲良くなった方と連絡先を交換したり、お食事に行ったりとか、させてもらっています」といい、最近誰と遊んだか質問されると「カフェに行ったり、仲良くさせていただいているのか高橋姉妹さん。高橋メアリージュンさんと妹の高橋ユウちゃんが、番組でご一緒させていただいたときにお声をかけてくださって、高橋ユウちゃんの結婚式があったんですけど、そこで歌ってほしいということで、歌ってきました」と打ち明けた。

◆りんごちゃん、今後の目標は?

現在は「小りんご(子どもたち)にもわかるような曲も頑張っています」と新ネタを考案中だそうで、今後の目標を尋ねられると「まだまだりんごちゃんを知らない人もいると思うので、そういう方に知っていただけるように、いっぱいテレビとかいろんな方面で皆さんに笑顔を届けられたらいいなと。それが目標です」と語った。

◆りんごちゃん、美肌の秘訣とは

また美肌が評価され同イベントに呼ばれたりんごちゃんは、天使の衣装で登場。日頃行なっている肌ケアを尋ねられると「けっこう雑というか、お肌がもともと強いのかもしれないんですけど、すごくこだわりがあるとかではなくて、例えば化粧水とかも安くて大量に入っているものにヒアルロン酸を入れたりして、自分で作ったりするのが好きで、そういうのを使っています」と紹介した。

◆りんごちゃん、なしちゃんに改名?

イベントでは、51歳の羽野とりんご31個分(31歳)のりんごちゃんによる顔肌の水分量を測る対決も実施。2%の差で敗北したりんごちゃんは、羽野の要望でものまねを披露する一幕もあり、大黒摩季の『ら・ら・ら』のAメロを武田鉄矢、サビを大友康平のものまねで歌唱。

平井鳥取県知事が「実は鳥取はなしの名産地なので、なしちゃんに改名していただいてイメージキャラクターになりませんか?」と打診する場面もあり、りんごちゃんは「私の名前の由来は青森県出身でりんごちゃんなんですけど…。どうしましょう。戸籍とかも変えなきゃいけないのかな」と困惑。平井鳥取県知事は「いつもで住民票を持ってきてください」と大歓迎した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)