【いま最も美しい女子大生】「バチェラー」出演でも話題「ミス慶應」ファイナリスト浦田直佳に迫る

【いま最も美しい女子大生】「バチェラー」出演でも話題「ミス慶應」ファイナリスト浦田直佳に迫る

浦田直佳(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/09/16】各大学で開催されるミスコンテストのファイナリストを直撃し、その素顔に迫る「いま最も美しい女子大生」シリーズ。今回は、「ミス慶應コンテスト2019」のNo.5 浦田直佳(うらた・なおか)さんにインタビューしました。

◆「ミス慶應」No.5 浦田直佳(うらた・なおか)

学部・学科・学年:看護医療学部・看護学科・4年
誕生日:12月10日
出身地:埼玉県
身長:159cm
血液型:A型
趣味:身体を動かすこと
特技:エレクトーン演奏

◆「ミス慶應」候補者・浦田直佳ってどんな人?

― ミスコン参加のきっかけについて教えて下さい。

浦田さん:今までの私の人生、カメラで撮影されたりSNSで何かを発信したり、表に立って何かをしたことがありませんでした。来年から看護師として社会に出る前に、人前に出て自分を発信する最後の機会だと思い参加を決めました。

― ご自身に「キャッチコピー」をつけてください。

浦田さん:『マイペース姐さん』。ファイナリスト最年長なのに全然しっかりしてなくてむしろマイペース。年下のファイナリストに「直ちゃんしっかりして!」と言われる始末…。自分で自分のことを姐さんって呼んでたら、最近ファイナリスト達も姐さんって呼んでくれるようになった(爆笑)。

― スタイルキープ・美容など、心がけている“美の秘訣”を教えて下さい。

浦田さん:好きなものは好きなだけ食べる。好きなことはしたいだけする。とにかくストレスを溜めないこと!沢山食べた分ジム、ヨガに通って運動してます!

― ご自身の顔/体で好きなパーツは?

浦田さん:目と輪郭かな?どっちも母親似(顔大きいけど笑笑)。

― これまで最も力を注いできたことは?

浦田さん:基本的にダイエットできない人間なんですけど流石にバチェラー出演決まってからは本気でダイエットしました。2ヶ月で3キロ落として10人会ったら9人に痩せたね!って言われる状態で参加。ちなみに今は体重戻ってます(笑)。

― 好きな/憧れている芸能人は?(男女それぞれ)

浦田さん:田中みな実アナ。自分の魅力、売りをわかっていてそれを上手くプロデュースできているところ。

吉沢亮さん。顔面国宝顔面彫刻イケメンなのにお酒×タバコのギャップ(吉沢亮だから許される)。

◆浦田直佳のハマっていること

― 最近ハマっていることを教えて下さい。

浦田さん:肌綺麗になりたいな〜って思って、肌にいい食事とかサプリとかパックとかそういう美容情報を漁ってます。

― 最近嬉しかったことは?

浦田さん:父の日のプレゼントで扇子を頼まれて理由を聞いたら、私が中学生の時の修学旅行のお土産であげていた扇子をずっと使っていたけど、それが壊れたから新しいのが欲しい、とのことだったからです。私が中学生の時にあげた扇子を壊れたらセロハンテープを使って使い続けていたことを知ってすごく嬉しかったです。ちなみに今年父の日あげた扇子はもう壊れたそうです。

◆浦田直佳「バチェラー」出演の理由は?

― 「バチェラー・ジャパン」シーズン3出演の経緯を教えて下さい。

浦田さん:ミスコンと同じで表に出て人に見てもらいたいと思ったから。あとは結婚もしたいし番組のファンだしドレス着たいし豪華なデートしたかったからです。

― 「ミスコン」出場期間中に学んだことor驚いたことを教えて下さい。

浦田さん:私だけTwitterのアカウントが永久凍結してアカウント作り直したから圧倒的にフォロワー数もいいね・リツイートの数も少なくて…。だからテスト期間も毎日投稿して、いただいたリプライも見逃さない限り全部お返して、遅れた分を取り戻そうと必死に活動をしました。その結果いただくリプの数は2番いや1番多いのではないかと自負しています。見た目(フォロワー数)はカッコ悪くたってちゃんと中身を見て評価して応援してくれる人がいるんだって気づきました。

◆浦田直佳「ミス慶應」への意気込み

― ミスコンへ向けての意気込みをお聞かせください。

浦田さん:今のTwitterのフォロワー数がダントツ少ないという一見不利な状況に焦ることなく、いつも応援してくださる皆様を信じて自分らしく最後まで全力で頑張ります!

― 将来の夢、目指している進路について教えて下さい。

浦田さん:看護師としてバリバリ働く!

◆「ミス慶應」ファイナリストにインタビュー

「ミス慶應」ファイナリスト1人ひとりのインタビューは、今後も随時公開予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)