本田翼、クビになったバイト先大将に謝罪「今でも心残り」

本田翼、クビになったバイト先大将に謝罪「今でも心残り」

本田翼 (C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/09/16】モデルで女優の本田翼が15日放送の日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時〜)に出演。オーディションに落ち続けた過去を回顧、その当時のアルバイト先の大将と番組内で再会し、無断欠勤を謝罪した。

◆本田翼、仕事がなかった過去を回顧

2006年に雑誌「Seventeen」の専属モデルとしてデビューし、女優としても数多くの映画やドラマに出演する本田だが、高校生だった10年前には仕事がほとんどなく、オーディションに落ち続けていたという。

本田はその当時を「(オーディションに)全然受からなかったです…。週3ぐらいのペースでオーディション行ってたんですけど、半年に1回受かってないですね」と振り返り、スタジオからは驚きの声が上がった。

◆本田翼、10年前のアルバイト先の大将に無断欠勤を謝罪

オーディションに行くための電車賃にすら困るようになった本田は、生活費と大学に行くための学費を稼ぐために、個人経営の小さな寿司屋でアルバイトを始めたが、始めて2年目に、オーディションの日にアルバイトが入っていることを忘れて無断欠勤してしまったそう。本田は慌てて店に謝りに行ったが、「もう明日から来なくていいよ」とクビに。それ以来店に行くことはなかったという本田だが、10年経った今でも「あんな終わり方をしてしまったのが今でも心残りです」と悔やんでいるそう。

「働くってことに責任を持ってない時期だったんですけど、お金をもらってる以上きちんとしなきゃいけなかったなって」と後悔を口にする本田に会うために、スタジオには寿司屋の大将が登場。本田は久しぶりの再会に感動、そして「本当に10年前は社会人として本当に申し訳ないことをしてしまいました。本当にごめんなさい」と謝罪。大将からの「今活躍してくれてて本当に嬉しいです」という温かい言葉に感謝した。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)