スターダストオーディション初代グランプリ男女2名決定 13歳の酒井大地くんと12歳の渡邉心結さん

スターダストオーディション初代グランプリ男女2名決定 13歳の酒井大地くんと12歳の渡邉心結さん

グランプリの酒井大地くん、渡邉心結さん (C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/09/16】16日、都内にて「スターダストプロモーション 第1回 スター☆オーディション」最終選考会が開催され、グランプリは、中学2年生の酒井大地(さかい・たいち/13)くんと小学6年生の渡邉心結(わたなべ・みゆ/12)さんに決定した。

◆「スターダストプロモーション 第1回 スター☆オーディション」最終選考会

創立40周年で初となる全社オーディションで、6月より予選を開始。応募総数24,460人の中から10歳から19歳まで様々な審査を経て選び抜かれたファイナリスト15名(男7名・女8名)が、1分間の自己PR審査と演技審査を行い、男女1名ずつがグランプリに輝いた。

グランプリには、審査員の河合勇人氏が監督を務め、徳尾浩司氏が脚本を務める映画「都会(まち)のトム&ソーヤ」出演、賞金50万円、その他商品が贈呈。映画賞は吉原徠地(よしはら・らいち/12)と山下森羅(やました・しいら/12)さん、審査員特別賞は大塚梨々愛(おおつか・りりあ/12)さんと三谷宥貴奈(みたに・ゆきな/10)さんが選ばれた。映画賞の2人も映画出演が決定している。

SHELLYがMCを務め、授賞式では北川景子がプレゼンターとしてサプライズ登壇。北川がステージに現れると、涙を流すファイナリストもおり、北川は「ずっと裏で様子を見ていたんですけど、本当に若い才能溢れる子を自己PRから見ていて、本当にこれは選ぶのが大変だなと思いました」と話し、グランプリを発表。2人にトロフィーを渡した。

福井県出身、埼玉県在住の酒井くんは母と姉に勧められ、応募。小学1年生の頃からソフトテニスを続けており、5年生のときに県大会で優勝した実力の持ち主。“癒し系笑顔王子。8割は優しさで出来ています”というキャッチコピー通り、癒し系のルックスで、会場を魅了。審査員は「酒井くんの後ろにでっかい未来が見えている感じがしてその未来にかけて選びました」と選考理由を説明した。

渡邉さんは小学3年生から2年間、少年野球チームで野球をやっていたが、昨年芸能界への夢を見つけ、退部。「すごい精神力の強さと、諦めない気持ちが強い子だなって思ってた。ぜひ芸能界でもフルスイングして下さい」と審査員からこれまでのレッスンでの姿勢も評価され、グランプリに。マイクの前に立つと、「本当に嬉しいです。私は9月4日が誕生日で今まで生きてきた中で最高のプレゼントを頂きました」と号泣しながら喜びをあらわにした。授賞式後の囲み取材では、今日会場に入ったとき、グランプリになると思っていたかと聞かれると、「思ってました」と胸を張る強さを見せたかと思うと、「名前を呼ばれたときは足と手が震えてペンギンより固くなってしまいました」とはにかむなど、等身大の素顔でも報道陣を和ませていた。

◆1分間の自己PR&演技審査

1分間の自己PRでは、シンプルに胸を打つスピーチから、特技を披露する人まで様々。小高光宗くんは「カッコいいときの自分を見て下さい」とキレキレのダンスパフォーマンス、松澤和輝くんは飛び抜けた声量で観客を惹きつけた。

171cmの長身を活かしモデルになりたいという青木怜奈さんは、留学経験を明かし、英語でもスピーチ。“変幻自在の表情筋”というキャッチコピーの伊藤日菜さんはミッキーマウスのモノマネと研究したモデルポージングを見せ、木下紗菜さんと山本麗美さんは特技の歌で綺麗な歌声を響かせた。

山下さんはぬいぐるみを持ちながら腹話術とデュエットを行うという独自の芸で、会場を圧倒。三谷さんはTWICEのTTダンスを笑顔で踊った。

演技審査では男女3人1組×5グループに分かれ、1グループずつ割り当てられた脚本の演技を披露。初演技とは思えないほどの演技力で、観客を引き込み、終わった瞬間に大きな拍手が起こるグループも。河合監督は「審査員泣かせです。選考迷いそうです」と称賛し、徳尾氏も「多分審査員の中でも意見が分かれるんじゃないかなと思います」と口にしていた通り、審査は難航。もともと予定していた映画賞のほか、審査員特別賞も設けられた。

このほか、イベントではももいろクローバーZやSUPER★DRAGON、ときめき宣伝部等のライブも行われた。

◆「スターダストプロモーション」初の大型オーディション

1979年の創業以来、常に時代に必要とされる俳優・タレント・アーティストの発掘と育成を主軸に、独自の対応力をもってマネジメント業務を展開してきた「スターダストプロモーション」。現在では、全国に支社を持ち、総勢1000名を超えるタレント・アーティストが所属し、活動している。

このオーディションは、新たなスターの原石が、本気でエンターテイメントの世界を目指すとき、初めてチャレンジするコンテストとして新たな歴史を築いていく。

即戦力となる人材はもちろん、経験の有無、居住エリアを問わず、より多くの人材を募集。募集部門は俳優・女優・モデル、募集年齢は10歳〜22歳の男性・女性、応募期間は2019年6月1日〜8月18日。(modelpress編集部)

◆ファイナリストプロフィール
<男子>
1.楠たつや(くすのき・たつや)/11才/スイス生まれ、横浜育ちのPEACEボーイ
2.小高光宗(こだか・みつむね)/12才/“One and only”な男の子
3.酒井大地(さかい・たいち)/13才/癒し系笑顔王子。8割は優しさで出来ています
4.大山真生(おおやま・まお)/13才/長洲のスマイルボーイ
5.吉原徠地(よしはら・らいち)/12才/浪速のハニカミ王子
6.川向立人(かわむかい・はると)/13才/伸びしろ満載シャイボーイ
7.松澤和輝(まつざわ・かずき)/19才/武士道ボーイ

<女子>
8.青木怜奈(あおき・れな)/17才/湘南のおてんば娘
9.伊藤日菜(いとう・ひな)/14才/変幻自在の表情筋
10.木下紗菜(きのした・すずな)/13才/浜風のエンブレム
11.山下森羅(やました・しいら)/12才/戦隊ものだとピンクキャラ
12.大塚梨々愛(おおつか・りりあ)/12才/福岡一かわいい12才
13.渡邉心結(わたなべ・みゆ)/12才/輝く瞳の野球少女
14.山本麗美(やまもと・れみ)/13才/泣き虫だけど笑顔はいっぱい
15.三谷宥貴奈(みたに・ゆきな)/10才/素足のせとうち少女

◆各賞受賞者
名前/年齢/身長/住所/趣味/特技

<グランプリ>
3.酒井大地(さかい・たいち)/13才(中2)/154cm/埼玉県(福井県出身)/植物を育てること/ソフトテニス
13.渡邉心結(わたなべ・みゆ)/12才(小6)/151.5cm/神奈川県/キャンプ/野球

<映画賞>
5.吉原徠地(よしはら・らいち)/12才(小6)/158cm/大阪府/ゲーム/ポジティブな未来の想像
11.山下森羅(やました・しいら)/12才(中1)/158.5cm/兵庫県/お菓子作り、ギター/歌を歌うこと、鉄棒

<審査員特別賞>
12.大塚梨々愛(おおつか・りりあ)/12才(小6)/158cm/福岡県/TikTokを見ること/水泳
15.三谷宥貴奈(みたに・ゆきな)/10才(小5)/140cm/広島県/スライム作り/一輪車・ドラム・茶道

◆審査員
河合勇人(映画監督)、徳尾浩司(脚本家)、澤本嘉光(電通エグゼクティブクリエイティブディレクター)、内倉隆行、広長仁(スターダストプロモーション執行役員)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)