イケメンすぎる次世代K-POPグループ・THE BOYZに会場興奮 日本語&英語MCもスマートにキメる<MTV VMAJ 2019 -THE LIVE->

イケメンすぎる次世代K-POPグループ・THE BOYZに会場興奮 日本語&英語MCもスマートにキメる<MTV VMAJ 2019 -THE LIVE->

THE BOYZ (提供写真)

【モデルプレス=2019/09/19】東京・新木場STUDIO COASTにて18日、年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」が開催され、12人組K-POPボーイズグループ・THE BOYZが出演。「Rising Star Award」を受賞した。

◆THE BOYZ、熱狂パフォーマンス 新曲「D.D.D」も披露

イベントMCを務めた日向坂46によってTHE BOYZの名前が呼ばれたとたん、観客から沸き立つような大きな歓声が。1曲目には爽やかなダンスサウンドと、全員の抜群のスタイルが際立つダンスが印象的な「No Air」を披露した。続けて、8月19日にリリースした新曲「D.D.D」をパフォーマンス。激しいビートと一糸乱れぬフォーメーションダンスで会場を魅了した。

◆日本語と英語で爽やかにMC

また今後躍進が期待されるアーティストに贈られる「Rising Star Award」のトロフィーを受け取ったTHE BOYZメンバーは、流ちょうな英語で「このような栄誉ある賞を受賞することができ光栄です。選んで下さったみなさんに感謝し、音楽を通して受け取った愛をお返ししたいです」と挨拶。

さらに日本語でも「たくさん応援してくれてありがとうございます。これからもたくさん頑張りますので、たくさん応援して下さい!」とアピールし会場から歓声が溢れた。最後までファンたちに笑顔で挨拶するメンバーたちに、絶えず黄色い声が響いていた。

THE BOYZは、2017年12月6日に韓国でデビュー。アーティストとしての実力はもちろんのこと、全員が“ビジュアルセンター”になれるほどのイケメンであることも話題に。K-POPの次世代を担う存在として期待が寄せられている。

◆“ミュージックビデオの祭典”「MTV VMAJ」

「MTV VMAJ」は、伝統ある「MTV Video Music Awards」の日本版として2002年以来開催している音楽アワード。多岐にわたる部門において最も優れた作品を発表する“ミュージックビデオの祭典”。

日本をはじめ各地域のMTVクリエイティブディレクターから構成される選考委員会が、「世界基準の優れたミュージックビデオを選ぶ」という観点のもと、各部門の最優秀作品を選出。今後、視聴者をはじめとした一般の方からの投票によって、各部門の最優秀作品の中から、年間で最も優れた作品「最優秀ビデオ賞」が選ばれる。

スペシャルイベント「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」では今年はMCを日向坂46(「最優秀振付け賞」受賞)が務め、受賞アーティストによるライブパフォーマンスに加え、 全15部門の中から最も投票数を獲得した「最優秀ビデオ賞」の発表も行われる。(modelpress編集部)

■「MTV VMAJ 2019」受賞作品一覧

最優秀ビデオ賞
・King Gnu「白日」(OSRIN)

最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞
・三浦大知「片隅」(シミズヒロタカ)

最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞
・カリード「Talk」(Emil Nava)

最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞
・あいみょん「今夜このまま」(山田智和)

最優秀洋楽女性アーティストビデオ賞
・テイラー・スウィフト「Me! feat. BRENDON URIE OF PANIC! AT THE DISCO」(Dave Meyers & Taylor Swift)

最優秀邦楽グループビデオ賞
・欅坂46「黒い羊」(新宮良平)

最優秀洋楽グループビデオ賞
・THE 1975「Sincerity is Scary」(Warren Fu)

最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞
・King Gnu「白日」(OSRIN)

最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞
・ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」(Dave Meyers)

最優秀ロックビデオ賞
・BUMP OF CHICKEN「Aurora」(林響太朗)

最優秀オルタナティブビデオ賞
・BiSH「stereo future」(大喜多正毅)

最優秀ポップビデオ賞
・菅田将暉「まちがいさがし」(林響太朗)

最優秀ヒップホップビデオ賞
・KREVA「音色 〜2019 Ver.〜」(大喜多正毅)

最優秀ダンスビデオ賞
・サカナクション「忘れられないの」(田中裕介)

最優秀コラボレーションビデオ賞
・椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」(児玉裕一)

最優秀振付け賞
・日向坂46「キュン」(安藤隼人)

【特別賞】

MTV Rock the World Award
・GLAY

最優秀アーティスト賞
・ONE OK ROCK

最優秀楽曲賞
・Official髭男dism「Pretender」

最優秀アルバム賞
・星野源「POP VIRUS」

Best Buzz Award
・BTS

Rising Star Award
・BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、THE BOYZ

MTV Breakthrough Song
・Foorin「パプリカ」

※2018年8月1日〜2019年7月31日に国内で発表された洋楽・邦楽全楽曲のミュージックビデオを対象に、 世界各地のMTVクリエイティブディレクターから構成される選考委員会が選出。
※ ビデオ・タイトルのあとの( )内はディレクター名。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)