吉本坂46、2期生募集を発表 吉本興業スタッフも応募可能

吉本坂46、2期生募集を発表 吉本興業スタッフも応募可能

(後列左から)HIDEBOH、小寺真理、川島章良、たかし、斎藤司、尾形貴弘(前列左から)タカ、トシ、今田耕司、渡辺みり愛(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/09/22】秋元康氏プロデュースにより、坂道シリーズ第3弾として結成された吉本坂46が22日、SHOWROOM「吉本坂46緊急会議SP」にて2期生募集を発表。放送後、囲み取材が行われ、トレンディエンジェル、パンサーの尾形貴弘、はんにゃの川島章良、小寺真理、HIDEBOHの6人が出席した。

◆吉本坂46、2期生募集で1期生戦々恐々

2期生募集は「まったく知らなかった」というメンバーたち。尾形は「こんなの見切りだよ。これでクビ切られる可能性全然ある!2期生は3人くらいでいい」と怯え、たかしも「2期生の中にスターがいたら1期生なんてどうでもよくなっちゃう…」と新加入に戦々恐々。さらに2期生は、吉本興業スタッフも応募できるとあって、川島は「今後、スタッフさんをどういう目で見たらいいのかわからない…」と混乱した。

しかし、現センターの斎藤司は「僕は吉本坂がよくなってほしい」と前向き。唯一の心配は年齢制限で「あんまり年上の人が来ても困る。若くてフレッシュな人がいい」と運営にお願いしていた。

吉本は一連の“闇営業問題”で揺れたが、2期生募集は久々に「明るい話題だ!」とメンバーたちが喜び。マスコミ陣から「スタッフも応募できるのなら岡本社長も応募できる?」と聞かれると、斎藤は「その話題はやめてください。僕あれから会ってないんです」と複雑そうな表情を浮かべていた。

同グループ誕生時、夢は紅白歌合戦出場と東京ドームでの公演だった。改めて展望を聞かれると、斎藤は「今は毎日その日暮らし。2期生に期待したい」と苦笑いだった。

2期生募集の締め切りは10月18日まで。オーディションの選考過程はテレビ東京『吉本坂46が売れるまでの全記録シーズン2』にて放送される。収録とフォトセッションには今田耕司、タカアンドトシ、乃木坂46渡辺みり愛も参加した。

また、REDが表題曲を歌う3rdシングルの年内発売も発表された。タイトル、発売日等の詳細は、10月上旬に発表予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)