木村拓哉主演「グランメゾン東京」初回視聴率12.4%の好発進

木村拓哉主演「グランメゾン東京」初回視聴率12.4%の好発進

鈴木京香(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/10/21】俳優の木村拓哉が主演をつとめるTBS系新日曜劇場「グランメゾン東京」(毎週日曜よる9時〜※初回25分拡大)が20日に放送スタートし、21日、視聴率が発表された。

初回平均視聴率は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁の好スタートとなった。

◆木村拓哉主演「グランメゾン東京」

同作で木村が演じるのは料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するも、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失った型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹。どん底まで転落した尾花が、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

尾花と倫子を取り巻く重要なキャラクターとして、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演する。

◆第1話あらすじ

舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある1人の男と出会う。その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。

その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。その後、面接に落ちた倫子は落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに倫子は思わず涙をこぼした。その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する…というストーリーが展開された。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)