新木優子&高良健吾主演ドラマ「モトカレマニア」第2話あらすじ

新木優子&高良健吾主演ドラマ「モトカレマニア」第2話あらすじ

新木優子/「モトカレマニア」第2話より(C)フジテレビ

【モデルプレス=2019/10/24】新木優子と高良健吾がW主演を務めるフジテレビ系新木曜劇場「モトカレマニア」(毎週木曜よる10:00〜)の第2話が24日、放送される。

◆新木優子・高良健吾W主演「モトカレマニア」

「Kiss」(講談社)にて連載中の同名コミックが原作の同ドラマは、元彼の存在を引きずり“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語。新木は元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカ、高良はユリカの元カレのマコチこと斉藤真を演じている。

◆「モトカレマニア」第2話あらすじ

ユリカ(新木)は、再会したばかりの元カレ・マコチ(高良)からマンションの購入を勧められ、ショックを受けていた。マコチからその話を聞いた安藤(小手伸也)らチロリアン不動産の面々は、ユリカの気持ちを察し、とりあえず謝った方が良いと告げる。マコチはその助言に従ってユリカに電話するが…。

そのころユリカは、山下(浜野謙太)と一緒にいた。そこで、山下が元カノの動向を追いかけている『モトカノマニア』だと知る。その元カノとは、山下の部屋から見える看板広告のモデルにもなっている北海道在住のラジオパーソナリティー・来栖むぎ(田中みな実)だった。食べ歩きという同じ趣味を持っていたことが交際のきっかけだったらしい。

ユリカは、そんな山下に自分も『モトカレマニア』だと告白する。同じマニアとして大いに共感し合ったふたりは、脱モトカレマニア、脱モトカノマニアを目指し、頭文字をとって脱MKM同盟を結成。時間をかけて友だち以上恋人未満の交際をしていくことで、徐々に現実への復帰を果たすことが目標だった。

そんな中、山下と同じ食品会社に勤務する加賀千鶴(趣里)は、北海道から栄転してきた将来性と、魚の食べ方がキレイ、という理由で山下に興味を抱く。一方、マコチと一緒に暮らしている恋愛小説家の丸の内さくら(山口紗弥加)は、マコチの言動から、彼が元カノと再会したことを知る。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)