嵐・櫻井翔、白組司会「紅白歌合戦」で2年連続勝利に意気込む

嵐・櫻井翔、白組司会「紅白歌合戦」で2年連続勝利に意気込む

櫻井翔 (C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/10/28】28日、大みそかに放送される「第70回 NHK紅白歌合戦」(19時15分〜)の取材会が東京・渋谷の同局にて行われ、総合司会を務めるウッチャンナンチャンの内村光良、紅組司会を務める綾瀬はるか、白組司会を務める嵐の櫻井翔が出席した。

2年連続で白組司会を務める櫻井は、「去年初めて1人で司会を務めるにあたって、その1年前(に司会を務めた)二宮(和也)から優勝旗を持った嬉しさ、旗の歴史的な重みを聞いていて、そんなに勝敗にこだわっているつもりはなかったですけど、嬉しかったですよね」と勝利の喜びを思い返してしみじみ。「もちろん楽しく、紅組の綾瀬さんと進行していくためにいますけど、結果にはこだわりにいきたいですね」と、2年連続での白組勝利に向けて意気込んだ。

◆櫻井翔「去年は本当に楽しかった」

また、内村と昨年の「紅白歌合戦」を振り返るなかで、「去年は本当に楽しかった。特に、フィナーレのサザン(=サザンオールスターズ)の皆さんと、松任谷由実さんと…。あんな興奮をまた味わいたい」と述懐。

内村も「櫻井くんが、三山(ひろし)さんが、けん玉(のギネス世界記録)に成功した時に、『今年は何か違います』って(笑)」とその興奮を思い返していた。

◆4年目の「夢を歌おう」

2016年からオリンピックイヤーを目前にした4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げている「NHK紅白歌合戦」。オリンピックイヤーを目前にした今年の『第70回』は、そのしめくくりの年となる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)