山下智久「ハードだった」一人スペイン生活を振り返る

山下智久「ハードだった」一人スペイン生活を振り返る

山下智久(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/11/07】歌手で俳優の山下智久が7日、都内にて行われたモンクレールのポップアップストア「MONCLER HOUSE OF GENIUS TOKYO」オープニングイベントに登壇した。

大型国際連続ドラマ「THE HEAD」にメインキャストとして出演する山下。「本当にすごく大変だったけど、学ぶことがたくさんあって、とてもいい経験をさせていただけたなと、すごく微妙な例えかもしれないけど、高校生から大学生になったようです」とスペインでの撮影を振り返り、「スケジュールの確認から全部自分で、通訳もマネージャーもいなくてハードだったんですけど、ハードな環境の中だから得るものがたくさんあるなと、とてもいい経験をさせていただきました。スタッフもキャストも温かくて関係性を築けたことが大きな実りだなと思いました」としみじみ。文化や言葉の壁にもぶつかったそうだが、「ずっと一緒にいると、文化も言語の壁も越えられる。同じ目的を持った同士、新しい感覚をもつことができました」と振り返った。

さらに、スペインでの生活は「日本でもなかなか料理する機会もなかったのですが、生活しなくちゃいけないので、自分で食材を買ったり、スペイン語でレストランでオーダーしたり、大変なことが多かった」と一人海外生活での苦労を語り、「スペインの方が温かくて救われたので、またスペインに戻りたいなと思いました」と充実していたことを明かした。

◆山下智久、アイスランドでオーロラ

さらに、9月にはアイスランドにも行っていた山下。「スペインも素晴らしいけど、アイスランドも幻想的というか、別の惑星に来た感覚になったし、一見の価値あるなと思いました」と語り、「9月と10月はオーロラが見える確率が高いときで、その時期に行けてラッキーだなと思いました」と笑顔をみせた。

海外でも活躍し、ウィル・スミスとも仲がいいなど、世界中で交友関係を築いている山下。ウィルについて「良くしていただいています」と感謝し、「(ウィルは)正真正銘のスーパースターです」と紹介した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)