嵐「国民祭典」で奉祝曲披露、皇后陛下が涙 天皇陛下御即位を祝う

嵐「国民祭典」で奉祝曲『Ray of Water』披露 皇后陛下が感極まり涙を拭われる一幕も

記事まとめ

  • 9日、「天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」が、東京・皇居前広場で行われた
  • 第2部「祝賀式典」では嵐が、約3万人の観衆を前に、奉祝曲『Ray of Water』を披露した
  • 式典は谷原章介と有働由美子が司会を務め、芦田愛菜、歌舞伎役者の松本白鸚らも登壇

嵐「国民祭典」で奉祝曲披露、皇后陛下が涙 天皇陛下御即位を祝う

嵐「国民祭典」で奉祝曲披露、皇后陛下が涙 天皇陛下御即位を祝う

嵐「国民祭典」で奉祝曲披露、皇后陛下が涙 天皇陛下御即位を祝うの画像

【モデルプレス=2019/11/09】が9日、東京・皇居前広場で行われた「天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」にて、奉祝曲を披露した。

午後5時すぎから行われた「国民祭典」第2部「祝賀式典」に、黒の燕尾服姿で登場した嵐。天皇皇后両陛下と、約3万人の観衆を前に、奉祝曲『Ray of Water』をパフォーマンスした。

菅野よう子氏が作曲、朝ドラ「ひよっこ」などで知られる脚本家の岡田惠和氏が作詞を担当した『Ray of Water』は、3楽章からなる組曲。第1楽章「海神(かいしん)」、第2楽章「虹の子ども」に続き、5人は辻井伸行氏のピアノ演奏にのせて第3楽章「Journey to Harmony」を歌唱。

両陛下はやわらかな表情で5人の歌声に耳を傾けられ、皇后陛下が感極まった表情で涙を拭われる一幕もあった。

式典は俳優の谷原章介とフリーアナウンサーの有働由美子が司会を務め、女優の芦田愛菜、歌舞伎役者の松本白鸚らがお祝いのメッセージを読み上げた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)