賀来賢人主演「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」第6話あらすじ

賀来賢人主演「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」第6話あらすじ

賀来賢人/「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」第6話より(C)日本テレビ

【モデルプレス=2019/11/17】俳優の賀来賢人が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」(毎週日曜よる10時30分〜)の第6話が17日、放送される。

◆賀来賢人主演「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」

本作は、直前数ヶ月の記憶を失い、森の中で目を覚ました警視庁の刑事・遊佐清春(賀来)が女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の殺害を疑われ、容疑者として追われる身となるアンストッパブル・ミステリー。やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていき、すべての人間が疑心暗鬼の中、騙しだまされのストーリーが展開される。

賀来や広末のほか、工藤阿須加、夏帆、井浦新、北村一輝らが出演する。

◆第6話あらすじ

警察署を襲撃したガスマスクの男ら約100人の武装集団。混乱の中、喜志殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)の手引きで逃走。追う警察は清春を全国指名手配にかける。

清春は逃亡生活の中で碓氷薫(広末涼子)の告白が脳裏にフラッシュバックする。「十億円強奪事件の真犯人は…私よ」。これまで追いかけてきた「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の接点。それがまさかの薫自身がその真犯人だったという真相に繋がる。

これにより謎は一層深まる。ではなぜ薫は殺害されたのか…。そして手を下した人間は誰なのか…。

ニッポンノワールの拠点を探る清春は、半グレ集団ベルムズと警察が癒着している疑いを知る。また複数のベルムズメンバーが警察病院で相次ぎ失踪しているとの情報を得て才門と共に潜入を試みる。

こうした中、克喜(田野井健)が服用している薬は未認可の劇薬と判明。徐々に鮮明になる清春の記憶。

そして、徐々に組織の輪郭が見え始めたニッポンノワール。全ての謎と伏線がこの瞬間から明らかに。第2部、ここに開幕。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)