沢尻エリカ容疑者逮捕 テリー伊藤ら“復帰”可能性言及でスタジオ議論に

沢尻エリカ容疑者逮捕 テリー伊藤ら“復帰”可能性言及でスタジオ議論に

沢尻エリカ (C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/11/17】女優・沢尻エリカ(33)が16日、麻薬取締法違反(合成麻薬所持)容疑で警視庁に逮捕された。これを受け、17日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」(毎週日曜10時〜)では出演者がコメントした。

◆沢尻エリカ逮捕にコメント

コメンテーターのテリー伊藤は、今脂が乗った時期で今後役柄の幅の可能性も広がっていくなかの逮捕だったことを受け、「本当に特別な女優だったから本当にもったいない」と残念な思いを吐露。

番組ではNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演が決まっていたことに触れ、沢尻はこれまでの撮影シーンでほぼ出ずっぱりだったため、撮り直しや再編集も不可能な状態でNHKは頭を抱えていると報道。

現在放送中の『いだてん』に出演中のタレントの武井壮は、「多額の出資がされた作品に出ている人は色んな人がリスクを負って出ているわけじゃないですか?やっぱり前に出る人はその責任があると思っていて、多額の責任と知名度とそしてさらに不法行為で得る快楽を同時に手にしちゃいかんよ」とその責任の重さを実感しているようで、強く苦言。「出演者は薬物検査するとかそういう対策をとったほうがいいんじゃないか」と今後の対策について提案した。

さらに、テリーが、いずれは復帰するという前提で「見ている方が『あの捕まった沢尻ね』って頭にどっか残っちゃう」と復帰後の女優としての難しさについて言及すると、元議員の杉村太蔵は「僕はこの時点で復帰という話はとてもじゃないけど許される話じゃない、芸能界は面白いとか歌うまいとか演技ができるよりも正しいということが第一条件ですよ」「影響力があまりに大きい。一発アウトだときちんと示さなきゃダメ」と復帰はありえないと強く意見を述べ、スタジオは議論に。司会の爆笑問題太田光も議論に参戦し、田中裕二は「テリーさんも太田も(沢尻を)擁護しているわけじゃない」とことわりを入れていた。

◆沢尻エリカ、合成麻薬(MDMA)所持で逮捕

沢尻容疑者は、東京都目黒区の自宅マンションにて、持ち物検査をしたところ、違法薬物である合成麻薬(MDMA)を所持していたことにより現行犯逮捕された。

沢尻容疑者は、警察の調べに対し「私のものに間違いありません」と供述したという。(modelpress編集部)

情報:TBS


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)