神木隆之介が主演 池井戸潤原作「鉄の骨」ドラマ化

神木隆之介が主演 池井戸潤原作「鉄の骨」ドラマ化

神木隆之介(提供写真)

【モデルプレス=2019/11/20】俳優の神木隆之介が、WOWOWプライムにて2020年4月より放送される『連続ドラマW 鉄の骨』(毎週土曜よる10時〜、全5話・第1話無料放送)にて主演を務めることがわかった。

今作はベストセラー作家・池井戸潤原作、発行部数60万部を超える「鉄の骨」(講談社文庫)をドラマ化。池井戸作品がまだ連続ドラマ化されていなかった2009年、WOWOWは「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」(09年/全5話)を映像化し、その年のドラマ賞を席巻。そして、「連続ドラマW 下町ロケット」(11年/全5話)、「連続ドラマW 株価暴落」(14年/全5話) 、「連続ドラマW アキラとあきら」(17年/全9話)など、数々の池井戸原作ドラマを世に送り出してきたWOWOWが満を持して放つ今作は、中堅建築会社の若手社員の奮闘する姿と共に「談合」は“必要悪”かをテーマに迫力のある人物描写で描く。

◆神木隆之介、池井戸潤原作ドラマ初出演

主人公の富島平太役を演じるのは、『桐島、部活やめるってよ』『バクマン。』『フォルトゥナの瞳』、『君の名は。』(声の出演)、大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」など、数々の話題作に出演し、主演映画『屍人荘の殺人』も公開を控え、20年以上のキャリアを持つ若手実力派俳優・神木。近年では初の舞台出演やMVで初監督・プロデュースをするなど多彩な才能で日本中を魅了。神木が池井戸原作ドラマに登場するのは初となる。

中堅建設会社入社4年目の若手社員、富島平太は、建設現場を愛する不器用で実直な男。現場から“談合の窓口”と呼ばれる業務部に異動した平太は公共事業の入札を巡る企業間の死闘や策略、そして談合の裏側を目の当たりにする。談合に後ろ向きだった平太はやがてゼネコン幹部たちと渡り合う中で、「談合は必要悪か、ただの保身か」日々苦悩する。また、学生時代から付き合っている、銀行員の恋人とも折り合いが悪くなり、公私ともに波乱が待ち受ける。

会社とは、組織とは、守るべき信念とは、そして正義とは―。自らの理想と、会社員としての使命の狭間で葛藤する姿を描く今作は、コンプライアンスが問われる時代に、 原作刊行から10年経つ今も尚、不変的なテーマであり、現代社会で生きる全ての人に贈る迫真の人間ドラマ。WOWOWの社会派ドラマの原点とも言える池井戸氏とのタッグが骨太なストーリーで真正面から挑む。

◆ストーリー

中堅建設会社入社4年目の若手社員富島平太は、不器用ながらも建設現場を愛する実直な男。そんな平太が、ある日突然、畑違いの「業務部」へ異動を命じられる。そこは公共事業などの大口案件の受注を担当する、「談合部」と揶揄される部署だった。くたびれた顔の部長や、粗野で男くさい先輩、泰然自若とした女先輩、切れ者で腹の底が見えない常務らと共に、2,000億円規模の公共工事の受注を目指す平太は、やがて談合を取り仕切る業界のフィクサーとの交流を深めていく中で、欲望やしがらみを目の当たりにする。談合は“必要悪”なのか―。平太は「理想」と「現実」の間でもがきながらも会社の命運を握る仕事にやりがいを見出していく。一方、入札は大胆な技術革新に成功した平太たちがリードするが、そこに老練なライバル社の幹部たちが立ちはだかり、さらに大物政治家の官製談合を追う検察特捜部も動き出し、平太にも捜査の手が伸びる。果たして入札のゆくえは、そして会社と平太の運命は…。

◆神木隆之介コメント

― 初の池井戸潤、原作ドラマで主演を演じられることについて

まず、あの池井戸潤さん作品に出させて頂くことを大変光栄に思っています。「鉄の骨」は、とても人気のある作品で、ファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、プレッシャーを感じていますが、それと同時に、どんなドラマになるのか今からとても楽しみです!

― 脚本を読まれた際の印象

建築業界の専門用語も多かったので、少し難しい印象も受けましたが、とても面白かったです!会社組織の中で働いた経験のない僕からしたら、色々なしがらみや圧力、それぞれの正義があったりと、社会で働いている方々は本当に大変なんだな…と思いました。

― 視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

社会の中で戦う主人公を、繊細かつ時に刃の様な鋭さを持って、演じられたらいいなと思っています。この小説のファンの方にも、少しでも認めてもらえるよう、精一杯頑張りますので、ぜひ見てください!

◆池井戸潤コメント

今からちょうど10年前に「空飛ぶタイヤ」が“連続ドラマW”で僕の初の映像化作品となりました。そして今回、奇しくも10年前に刊行した「鉄の骨」をドラマ化いただけることに運命を感じると共に大変嬉しく思います。出演者の皆さんの迫真の演技に期待しています。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)