新木優子&高良健吾主演ドラマ「モトカレマニア」第7話あらすじ

新木優子&高良健吾主演ドラマ「モトカレマニア」第7話あらすじ

新木優子/「モトカレマニア」第7話より(C)フジテレビ

【モデルプレス=2019/11/28】新木優子と高良健吾がW主演を務めるフジテレビ系木曜劇場「モトカレマニア」(毎週木曜よる10:00〜)の7話が28日、放送される。

◆新木優子・高良健吾W主演「モトカレマニア」

「Kiss」(講談社)にて連載中の同名コミックが原作の同ドラマは、元彼の存在を引きずり“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語。新木は元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカ、高良はユリカの元カレのマコチこと斉藤真を演じている。

◆「モトカレマニア」第7話あらすじ

ユリカ(新木)は、マコチ(高良)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことに。朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに幸せを感じるユリカだった。そしてマコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちに、ユリカとの交際を報告。皆から祝福を受ける。

一方、さくら(山口紗弥加)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる『ハッピーウーマン2019』に選ばれる。だが、その賞を主催しているのが自身の小説『がんそば』を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境だった。

ある日、チロリアン不動産にユリカが旅先で知り合った草木染作家の桃香(矢田亜希子)がやってくる。前夫と住んでいた家を売りたいのだという。マコチは、案件を抱えていたユリカに代わり、桃香の担当を引き受ける。

そんな中、ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることに。海外ドラマに出てくるパーティーのように「知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい」というさくらのリクエストを受け、ユリカは山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口メンディー)にも声をかける。

すると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店『BARネコ目』を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘う。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)