2019年「JC・JK流行語大賞」TOP5発表 全部知ってる?

2019年『JC・JK流行語大賞』1位ぴえん、2位べびたっぴ、3位KP、4位3150、5位匂わせ

記事まとめ

  • 『JC・JK流行語大賞』コトバ部門で泣き声「ぴえーん」を省略化した「ぴえん」が1位に
  • 2位「べびたっぴ」はTikTok内でタピオカにストローを刺す時の掛け声として人気
  • 3位「KP」は乾杯、4位「3150」はサイコーという意味で、5位は「匂わせ」だった

2019年「JC・JK流行語大賞」TOP5発表 全部知ってる?

2019年「JC・JK流行語大賞」TOP5発表 全部知ってる?

写真素材ぱくたそ/photo:susi-paku モデル 河村友歌)

【モデルプレス=2019/12/02】2日、2019年『JC・JK流行語大賞』のコトバ部門が発表された。

【2019年JC・JK流行語 コトバ部門トップ5】

1位:ぴえん
2位:べびたっぴ
3位:KP
4位:3150
5位:匂わせ

◆キャッチーさが重要 コトバも“映え”に

1位に選ばれた「ぴえん」は、残念な出来事があった際に使われた言葉。泣き声の「ぴえーん」を省略化し、より汎用性の高い「ぴえん」として、今年多くの女子中高生の会話の中で使用された。語尾につけたり、Instagramのストーリーにその日の出来事とともに使用することが多い傾向となった。

2位の「べびたっぴ」は、TikTok内でタピオカにストローを刺す時の掛け声として人気となった言葉。多くの女子中高生が真似をし、タピオカ以外の飲み物を飲む際の掛け声としても使用された。3位の「KP」は、『JC・JK流行語大賞2018』上半期でも選出され、年間大賞にもランクインしたワード。2位に引き続き、飲み物を飲む時の乾杯(=KP)の掛け声として、1年を通して親しまれた。

4位の「3150」は、Instagramのハッシュタグでよく用いられた言葉で、読み方は「サイコー」(さいくぅーとも読む)。気分が最高なときや、「最高!」という評価をしたいときに使われた。5位の「匂わせ」は、付き合っている相手を公表せずに、それとなく感じさせるときによく使用され、SNSはもちろん、日常生活でもよく耳にした。

◆今年のランキングを分析

今年の流行を振り返ると、「ぴえん」や「べびたっぴ」「3150」など、言葉の意味や中身よりも、響きやすさやキャッチーさが重要視された傾向にある。普段の生活はもちろんだが、これらのワードは主にInstagramのハッシュタグで使用されるワードが多く、写真だけでなくコトバも“映え”が求められていることがわかった。(modelpress編集部)

情報提供:株式会社AMF

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)