宇垣美里、フリー転身の1年振り返る「見たことのない景色を見たい」

宇垣美里、フリー転身の1年振り返る 「おもちゃ箱みたいな1年だった」

記事まとめ

  • 宇垣美里が14日、都内で「宇垣美里 2020年カレンダー」発売イベントに登場
  • フリー転身の1年を振り返り、「おもちゃ箱みたいな1年だった」と満足げ
  • 来年に向けては「引き続き、いろいろな新しいことに挑戦」と抱負を語った

宇垣美里、フリー転身の1年振り返る「見たことのない景色を見たい」

宇垣美里、フリー転身の1年振り返る「見たことのない景色を見たい」

宇垣美里 (C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/12/14】フリーアナウンサー宇垣美里が14日、都内で「宇垣美里 2020年カレンダー」発売イベントを開催した。

宇垣は本作の撮影を「9月中旬くらいに、千葉の方で撮りました」と回想。お気に入りのショットには、深紅の衣装をまとったものを選び「赤い服で、同じ服なんですけど、色々な表情が撮れたので、締めくくりに一番いい写真なのかなあと思って選びました」と笑顔を見せた。

◆宇垣美里、フリー転身の1年を振り返る

2019年の活動については「今年の4月から、フリーとして活動させていただいて、いろいろなことを経験したので、おもちゃ箱みたいな1年だったなっていう風に思います」と満足げ。「長く仕事で東京を離れるというのも、今年初めての経験でしたし、海外の俳優の方にインタビューをさせていただいたりとか、本当に多岐にわたるお仕事をしたなと思います」とも。

来年に向けては「引き続き、いろいろな新しいことに挑戦して、見たことのない景色を見たいなと思いますし、その中でどんどん、一番自分が好きなものは何だろう?っていうのを、一つずつ精査していけたらいいなという風に思っています」と抱負を示した。

また、フリーに転身してから成長したと実感したポイントを聞かれると「やっぱり、会社員のときとは違って、毎日行く場所も違えば、スタッフの方も違うので、ある種の阿吽の呼吸みたいなものは、どうしても生まれにくいと思うんです」とコメント。「そんな中で、短い時間で、スタッフさんとか、その現場にいる方と息を合わせてお仕事をするっていうのが、この1年でだいぶ身についたことなのかなと思います」と続けていた。

◆宇垣美里、クリスマスの予定は

クリスマスの予定に話が及ぶと「クリスマスは、仕事が24日も25日も入っているんです」と言い、自分へのプレゼントについては「まだ買っていないんですが、自分としては、スノーボードが好きなので、スノーボードのウェアを買おうと思っています」と返答。「いま、白黒のしか持っていなくて、『これ、遭難した時にやばいな』とずっと思っていたので、ちょっと派手な色、カラフルなものを買おうと思っています」と話して会場を沸かせていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)