今田美桜「ケイジとケンジ」出演決定 刑事役に本格初挑戦<本人コメント>

今田美桜「ケイジとケンジ」出演決定 刑事役に本格初挑戦<本人コメント>

今田美桜(C)テレビ朝日

【モデルプレス=2019/12/18】女優の今田美桜が、桐谷健太と東出昌大がW主演を務める2020年1月期のテレビ朝日系木曜ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(毎週木曜よる9時〜)に出演することがわかった。

◆今田美桜、紅一点の刑事役に

同作は、“刑事”と”検事”という“日本のドラマではあまり類を見ない組み合わせの男たち”がタッグを組み、港町・横浜を舞台に人間臭さ全開で大暴れするオリジナルドラマ。

今田は、桐谷演じる仲井戸豪太が配属される、神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事・毛利ひかる役で出演。

刑事役を本格的に演じるのは今回が初めてという今田は、「実は“刑事役=カッコいい”というイメージがあったので、こんなに早く自分が演じられるとは思っていなくて…。出演が決まったときはドキドキしました」と喜びをあらわに。

愛嬌と逞しさを兼ね備えた紅一点の刑事、という役どころについては「私自身も『年齢のわりには落ち着いていて、わりと男っぽいところがあるね』と言われたりするタイプなので、ちょっと似ている部分もあるかもしれません」と笑い、「そんなひかるちゃんを、カッコよさとフレッシュさを忘れずに演じられたら」と意気込んだ。

さらに、ひかるは豪太ら男性陣にすかさずツッコミを入れる役割も担っており、「ここまでツッコむ役も初めてですし、本読みで『まだまだだな…』と思う部分もあったので、もっともっと頑張りながら、楽しんでツッコんでいきたいです(笑)」と、気合をのぞかせた。(modelpress編集部)

◆今田美桜コメント

以前は学生役が多かったのですが、2019年後半は「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の看護師役に続いて、今回の刑事役も決まるなど、役の幅が広がってすごくうれしいです。

刑事役はCMで少し演じたことがありましたけど、本格的に演じるのは今回が初めて。実は“刑事役=カッコいい”というイメージがあったので、こんなに早く自分が演じられるとは思っていなくて…。「自分が刑事を演じたら、どうなるんだろう!?」と想像がつかない部分もありますし、出演が決まったときはドキドキしました。

今回は初共演となる桐谷健太さんと東出昌大さんをはじめ、本当に個性的な先輩方が勢ぞろいしたコメディー作品。本読みの段階からすでに、桐谷さんと東出さんの掛け合いが本当に面白くて(笑)、まるで視聴者のように思いっきり楽しませていただきました。これから迎える本番がすごく楽しみです!

私が演じる毛利ひかるちゃんは嫌味なくズバズバ物も言える、ツッコミ・ポジション的な立ち位置でもあるんです。ここまでツッコむ役も初めてですし、本読みで「まだまだだな…」と思う部分もあったので、もっともっと頑張りながら、楽しんでツッコんでいきたいです(笑)。

また、ひかるちゃんは男前な部分のある刑事。私自身も「年齢のわりには落ちついていて、わりと男っぽいところがあるね」と言われたりするタイプなので、ちょっと似ている部分もあるかもしれません(笑)。そんなひかるちゃんを、カッコよさとフレッシュさを忘れずに演じられたらな、と思います。

「ケイジとケンジ」でスタートする2020年。自分としては1年前と比べて少し大人になった感覚もありますし、この作品でさらに、徐々に、大人の階段を上れるよう頑張りたいです。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)