【E-girls解散発表】武部柚那コメント 今後は新ユニット結成へ

【E-girls解散発表】武部柚那コメント 今後は新ユニット結成へ

武部柚那(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/12/22】11人組ダンス&ボーカルグループ・E-girlsが22日、神奈川・トレッサ横浜で行われたリリースイベントにて2020年いっぱいをもって解散することを発表した。

◆E-girls、2020年いっぱいで解散へ

E-girlsは、2011年「Celebration!」でデビュー。現メンバーは、ボーカル鷲尾伶菜・藤井夏恋・武部柚那、パフォーマー佐藤晴美・SAYAKA・楓・YURINO・須田アンナ・坂東希・石井杏奈・山口乃々華。この日のイベントについては、事前にSNS等で「大切なお知らせ」を発表すると告知していた。

今後については、佐藤・坂東・石井・山口はそれぞれ役者やモデルを、Happinessは88risingとタッグを組み本格的に世界進出を目指し、武部はアフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格者メンバーと新たなユニットを結成、鷲尾はソロアーティストとしてデビューする。

イベントでは、これまでの歩み、今後の活動についてまとめた映像も公開。リーダーの佐藤は、メンバーを代表し「正直にぶつかって、納得するまで話し合った決断です。本当にたくさんの思い出があるからこそ、E-girlsに終止符を打つというのはなかなか難しいことではあるんですけど、お互いを応援する気持ちがあるからこそ強く決断できたのかなと思っています」とコメントした。

◆武部柚那コメント

以下、武部のコメント。

皆さん今日は寒い中お集まりいただきましてありがとうございます。先程発表させていただきまして、本当にたくさん伝えたいことはあるんですけど、一番伝えたいことは皆で決めた決断っていうのもありますし、それぞれが今まで8年間、9年間やってきた中で、色々な夢だったり目標というものが芽生えてきて、それを次はメンバー同士が支え合って、応援しあって次に進んでいくという決断になって、また新しいステップを踏むために、再来年2021年からはそれぞれが夢の旅に出るっていう、本当にファンの皆さんには突然のご報告となるかもしれないんですけど、私たちはもっともっと大きな夢に向かって頑張りたいなという気持ちでいます。

今日集まってくださった皆さんもそうなんですけど、E-girlsは2011年の最初のツアーからアリーナツアーというステージでやらせていただいていて、本当に来てくださる方々がいるからこそ出来てることだと思いますし、私たちがエンターテインメントを届けられているというのも皆さんがいてくださったから、もっとこうしたいだったりとか、もっとこういうものを届けたいっていうことを考えられていて、本当に今まで皆さんにたくさん支えていただいたなという気持ちでいっぱいです。

私は個人的にはこれからまた新しいユニットを組んでやらせていただくんですけど、また皆さんと会える機会を必ず作りたいと思いますし、E-girlsとしても来年はアリーナツアーからスタートする1年になるので、皆さんと一緒にもっともっと最後悔いのないように楽しい思い出をいっぱい作れたらなと思っているので、ツアーの初日から私は変わらずシャカリキ歌って踊って、皆さんに楽しんでもらえるように、そして来年はメンバーとスタッフさんだったり、ファンの皆さんと笑顔溢れることをたくさんしていきたいと思っていますので引き続きよろしくお願いします。今日はありがとうございました。

◆E-girls、2020年にはベストライブ開催

12月28日にデビュー8周年を迎えるE-girls。「E-girls LIVE TOUR 2014『COLORFUL LAND』」(2014年)から「E-girls LIVE TOUR 2018〜E.G.11〜」(2018年)までのライブ総動員数は、約68万500人。

「LDH PERFECT YEAR」となる2020年には、1月29日にニューシングル「別世界」をリリース、2月からはデビューから最新曲までのヒットシングルを中心に構成した、集大成となるベストライブ「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」を行う。なお、「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」が最後のツアーとなる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)