【E-girls解散発表】楓コメント 今後はHappinessで世界進出目指す

【E-girls解散発表】楓コメント 今後はHappinessで世界進出目指す

楓(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/12/22】11人組ダンス&ボーカルグループ・E-girlsが22日、神奈川・トレッサ横浜で行われたリリースイベントにて2020年いっぱいをもって解散することを発表した。

◆E-girls、2020年いっぱいで解散へ

E-girlsは、2011年「Celebration!」でデビュー。現メンバーは、ボーカル鷲尾伶菜・藤井夏恋・武部柚那、パフォーマー佐藤晴美・SAYAKA・楓・YURINO・須田アンナ・坂東希・石井杏奈・山口乃々華。この日のイベントについては、事前にSNS等で「大切なお知らせ」を発表すると告知していた。

今後については、佐藤・坂東・石井・山口はそれぞれ役者やモデルを、Happinessは88risingとタッグを組み本格的に世界進出を目指し、武部はアフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格者メンバーと新たなユニットを結成、鷲尾はソロアーティストとしてデビューする。

イベントでは、これまでの歩み、今後の活動についてまとめた映像も公開。リーダーの佐藤は、メンバーを代表し「正直にぶつかって、納得するまで話し合った決断です。本当にたくさんの思い出があるからこそ、E-girlsに終止符を打つというのはなかなか難しいことではあるんですけど、お互いを応援する気持ちがあるからこそ強く決断できたのかなと思っています」とコメントした。

◆楓コメント

皆さん今日はありがとうございます。そして突然の報告となってしまってすみません。皆が言ったように、たくさん今日まで話し合ってそれぞれ考えて、皆自分の将来だったり夢だったり、すごくすごく考えててこの決断をしました。

考えている間もファンの皆さんのことだったり、一緒に過ごした時間っていうのをすごい思い返して正直迷った部分もあったんですけど、それでも皆の将来だったり、夢っていうものをお互いに尊重して応援し合って、もっと皆が飛躍して活躍できるようになったらいいなという思いでこの決断をさせていただきました。

本当にたくさん思い出があるんですけど、来年もツアーはありますし、来年いっぱいはツアーだけじゃなくて、ほかの場所でも皆さんと一緒に思い出だったり楽しい時間を作れるそんな場所を皆で考えて、最後の1年は今までよりも皆さんとたくさん会える1年にしたいなと思っていますので、皆も言ったように最後は涙じゃなくて笑顔で皆さんとE-girlsの終わりを迎えたいなと思います。今日は本当にありがとうございます。そしてこれからも応援よろしくお願いします。

◆E-girls、2020年にはベストライブ開催

12月28日にデビュー8周年を迎えるE-girls。「E-girls LIVE TOUR 2014『COLORFUL LAND』」(2014年)から「E-girls LIVE TOUR 2018〜E.G.11〜」(2018年)までのライブ総動員数は、約68万500人。

「LDH PERFECT YEAR」となる2020年には、1月29日にニューシングル「別世界」をリリース、2月からはデビューから最新曲までのヒットシングルを中心に構成した、集大成となるベストライブ「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」を行う。なお、「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」が最後のツアーとなる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)