藤原竜也、吉田鋼太郎との取っ組み合いの喧嘩を告白

藤原竜也、吉田鋼太郎との取っ組み合いの喧嘩を告白

(左から)藤原竜也、吉田鋼太郎(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/12/23】俳優の藤原竜也が、22日放送の日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所」(毎週日耀よる9時〜)に出演。俳優の吉田鋼太郎との喧嘩を告白した。

◆藤原竜也「殴れるもんなら殴ってみろよ」

「あの人ヤバいんですSP」と題された企画で、「周りにヤバい人っているんですか?」と問われた藤原は、「僕ら演劇人って結構ヤバい人ばっかりですよね。(吉田)鋼太郎さんもヤバいですし」と苦笑い。

「これはあんまり人には言えない話なんですけど…」と腕を組みながら、「山形公演の時に、朝4時ぐらいに吉田鋼太郎さんと取っ組み合いのケンカになりまして」と告白。喧嘩の理由は明らかにしなかったが、「思いっきり喧嘩になって、『殴れるもんなら殴ってみろよ』って言った瞬間にバーンって殴られて、また(殴り合いが)始まって…」と激しい喧嘩になったといい、「そこから口きかなかった時期が2年位あるんですよ」と明かした。

◆藤原竜也、吉田鋼太郎にとった驚きの行動とは

その後、演出家の故・蜷川幸雄氏が「鋼太郎と竜也を会わせたい」「竜也、仲直りしてくれないか?」と2人の間に入り、吉田がそれを受けて「これで手打ちだ。悪かった」と楽屋から持ってきた一升瓶を藤原に渡したという。

藤原は「その一升瓶そのまま投げました。『俺は許した訳じゃないよ』って」と一升瓶を後ろに放り投げる真似をしながらその時にとった行動を振り返った。

藤原の行動にスタジオは驚愕。しかし、東野幸治が「今はもういいんですね?」と現在の吉田との仲を確認すると、藤原は「今はもう仲良いです」と笑い、共演者たちを安堵させた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)